キャノンデール トップ ストーン。 キャノンデール トップストーン 2021モデル 登場!

eバイクのアシストによって激坂巡りが楽しくなってきたジンノ君と、それに付き合わされる二人(けっこうキツイ!)。 Lefty Oliverは、グラベルライディング専用に開発された超軽量シングルクラウンサスペンションフォークです。 とはいえ人力組も負けじとペダルを回していけば、トップストーン専用設計のレフティオリバーの30mmトラベルが、木の根やガレ場でも軽々とこなすことができるのだ(もちろん息は切れるけど)。

14

発売されるのが待ち遠しいですね。 一般的な路面においては全てのライダーに快適な乗り心地を提供する。

16

トップストーンsora(topstone sora):バルカングリーン で、サイズはXS、S、M、L、XLが用意されています。 これまでMTBやロードの垣根を越えた、斬新なアイデアを盛り込んだ製品で人々を驚かせてきたキャノンデールは、このグラベルロードというあらゆる要素が融合したジャンルにおいて、同社のアイデンティティを炸裂させようとしている。 コンポーネントと構造 アルテグラRX2モデルは、105バージョンの上に位置していますが、実はRX2にはRXよりもいくつかの利点がある。

サスペンションシステムはここで本領を発揮し、荒れた路面を突っ走るというよりは、浮いているような感覚になる。 他メーカーのグラベルロードの多くは、オフロード用途のワイドなタイヤクリアランスを確保するためにドライブ側のチェーンステーを下側にドロップさせたデザインを使用しがちだが、TOPSTONE CARBONはストレート形状のままクリアランスを確保し、かつショートチェーンステーを実現。

700cモデルはフルカーボンフォーク、650bモデルはサスペンションフォークが搭載されている フロントサスペンションに注目。 ショックユニットこそもたないものの、この機構はかつてMTBのXCレースバイクであるスカルペルに採用されていたものだ。

18

アシストによってeバイクと人力とでは大きな差が付くかに思えるけれど、こうして実際に走ってみると、やっぱりテクニック面で勝るカズさんが一番速い! とはいえアシストが付いていれば、そんなトップレベルの脚力とほとんど同じペースで上っていくことができるのだ。 MTB由来のLockRピボットを採用し、シートステーとシートチューブをアクスルシャフトにて接続。 初代グラベルバイクSlateとの違いや、トップストーンカーボンLeftyの詳しい商品説明を担当する。

18