札幌 市 時短 要請。 【事業者の皆さまへ】集中対策期間における営業時間短縮等の協力要請について/札幌市

もう一段、感染を徹底的に抑え込む」と述べた。 市内の入院患者数もまだ予断を許さない状況で、今後3月、4月の人事異動や入社、入学で人と人が接触する機会も多くなるため、去年のような感染拡大を招くことがないよう引き続き感染防止対策の徹底をお願いしたい」と述べ、協力を呼びかけました。

19

昨秋以降の道などのコロナ対策の経緯 【2020年】 10月28日 道独自の警戒ステージを「1」から「2」へ引き上げ。

1

営業時間の短縮(営業時間は「午前5時から午後10時」まで)• 集中対策期間を開始(~11月10日) 11月7日 警戒ステージを「3」へ引き上げ。 要請に応じた事業者には1日あたり2万円の支援金を支給(金額は調整中) ・人口10万人あたりの新規感染者数が週平均で15人を下回った場合は、早期の時短要請解除を検討(11日時点は約17人) 【小樽市】 ・感染リスクを回避できない場合の不要不急の外出を自粛(2月28日まで). 12日の道の有識者会議では「対策期間が継続し、(道民の)対策疲れが出てもおかしくない。

18

「」と「」に基づく対策の徹底 要請期間 令和3年2月16日(火曜日)から令和3年2月28日(日曜日)までの13日間 協力支援金の概要• お問い合わせ よくあるお問い合わせ お問い合わせ専用ダイヤル 電話番号:0570-200-105 受付時間:8時45分~17時15分【土日祝日はお休み】. そのうえで「道との調整がもめたとか難航したとかということはない。 財源は国の交付金と道予算で賄う。 より幅広く事業者の負担を求めることから、今回の時短要請は集中対策期間より短い、今月16日から28日までの13日間となる。

13

道は、飲食店との取引業者にも20万円ほどの経済支援を検討していますが、その対象範囲や開始時期はまだ、明らかにされていません。 道民や事業者には長期間にわたって負担をかけることになり、大変難しい判断だが、対策期間を継続することにした」と述べました。 ススキノ地区にある飲食店は3千店超だが、新たな時短要請の対象は5倍近くの約1万5千店となる見通しだ。

13

この中で鈴木知事は札幌市内の飲食店を対象にした営業時間の短縮要請などを今月いっぱいで終えることについて、「ここで過度の気持ちの緩みは避けなければならない。 その目安である10万人あたりの感染者ですが、札幌市は7.6人、北海道全体で5.9人で、いずれも基準を下回っています。

13

道は今月いっぱい、札幌市内全域の飲食店やカラオケ店などに営業時間を午後10時までに短縮するよう要請しています。

札幌市で人口10万人あたりの新規感染者数が週平均で15人を下回るなどすれば、2月28日までの期限前でも解除を検討する。 支援金のための負担も重くなっていた。

14

飲食店などからは、客足の回復に期待を寄せる声が聞かれました。 ) 受付方法 簡易書留や一般書留、レターパックプラス(郵便物の追跡ができる方法で、かつ配達時に受け取り確認がされるもの)で郵送してください。 更新日:2021年2月18日 【事業者の皆さまへ】集中対策期間における営業時間短縮等の協力要請について 札幌市においては、連日新規感染者が確認されており、医療体制も厳しい状況にあります。

6