コンシーラー 使い方。 《コンシーラー》の色の選び方・使い方でクマやシミ隠し度はUP♡

パレット内に色を混ぜる部分があるのなら、そこを利用してください。

7

少しずつコンシーラーの色や明るさ等を変えながら塗るとナチュラルに仕上がるでしょう。 コンシーラーがよれ、汚い仕上がりになってしまいますよ。 ・茶クマの肌への使い方 シミや色素沈着などで、目元が茶色くなる「茶クマ」。

6

シミだけでなく、くまや小じわも24時間、一日中カバーしてくれます。 【肌悩み別】色の選び方 色毎に用途が異なる C メイクイットコンシーラーの色にもオークル系、ピンク系などの違いがあります。 青=オレンジやオレンジがかったベージュ 赤=黄色や緑 茶=淡いピンクやベージュ つまり、青グマが気になるなら「オレンジやオレンジがかったベージュ」のコンシーラーを、赤みが気になるなら「黄色や緑のコンシーラー」を塗れば、肌色に近づくということ。

10

肌なじみ抜群のウォータープルーフ処方で、つけたての美しさを長時間持続。

13

その時に、コンシーラーを使っているけどなかなかシミが消えない…と相談したところ、おすすめされたのがコレでした。 2色以上のカラーがセットになっているものも多く、数色をブレンドして自分の肌にぴったり合ったカラーを作れるのも魅力の一つです。 <目次>• コンシーラーの使い方 リキッドの場合は、ファンデの 後にコンシーラーを塗りましょう。

クリームタイプ• ブラシやチップを立て、筆先を小鼻のキワにしっかり入れ込んでコンシーラーを塗ると、ピンポイントで赤みをカバーできますよ。

16

シミ・そばかすなどの部分的な色ムラもカバーすることができます。 ちなみに、ホワイトショットの美白成分はルシノールというポーラの特許成分で、厚生労働省で認められた医薬部外品です。 リキッドタイプ• コンシーラーはファンデーションの後に塗ります。

2

ファンデーションより薄付きでもしっかり隠してくれるので、厚塗りにならずきれいに仕上がります。 このページでは、コンシーラーの種類と肌トラブルの悩み別の便利な使い方をご紹介します。 厚塗りは厳禁で、ホントに少量でOKなのでこの1本で相当持ちそうです。

1