是非 も なし 意味。 「是非もなし」とは?意味や使い方を解説

「是非もなし」の英語表現は口語「oh well」 「是非もなし」は「仕方がない」という切羽詰まった決断の意を示す言葉ですが、英語の口語表現で頻繁に使われるのが「oh well」です。 直江兼続は大変賢く主君に忠実な家来で、家康にはっきりと言い切った「是非に及ばず」には仕方がないという意味以上の強気の姿勢が伝わります。

歴史的な背景も考えると、織田信長たちの思いが感じられます。 その当時「是非なし」の意味は多く、「仕方がない」の他にも「当然」や「ひたすら」という意味でも使われていましたが、現在は「仕方がない」の意味だけが残りました。 「是非もなし」の例文2 「是非もなしであれば、次の作戦を考えるべきではないか? 即ち、本日は天気に恵まれ海上の見通しは非常に良い。

20

「是非」という言葉を「慈悲」という言葉が似ていることから、混合してしまいがちですが、意味合いが異なる言葉であるため誤用しないよう注意しましょう。 「是非もなしに嬉しく思うべきなのに」という風に訳されます。

4

突発的な仕事等で他に対応できる人がおらず、自分がしなければならなかった場合等に使用します。

16

そして変える方向 変えない方向 が自由か統制かで分類できます。 (是非を判断する) 「是非」は英語で表現すると、文脈によって使用する単語が異なります。 相手が明智光秀であれば それまでの二人の関係などから 「仕方がない」、もしくは薄々 「分かっていた」といった意味で使った言葉だという解釈が一般的のようです。

4

「是非に及ばず」という言葉を直接信長から聞いたのは、側近だった森蘭丸だという説や、他のこの時に生き残った家臣だという説があり、定かではありません。 「是非もなし」の読み方と意味 「是非もなし」の読み方は「ぜひもなし」 「是非もなし」は、「 ぜひもなし」と読みます。

8

「明智が者と見え申し侯」と聞いただけで聞き返し確認することもなく、またその他の情報を得ようともしていません。 「本当の親子とあれば是非もなし(もし本当の親子ならば仕方がないことだ)」のような例文です。 が、一方では、山の中で何度か出会った、体に障害のある物乞いを不憫に思った信長は、上洛の途中にその物乞いに木綿二十反を与え、さらには周りにいる村人たちに、その物乞いが生きていけるように小屋を建てて食べものも与えるように頼んだという話が「信長公記」に収められています。

16

「慈悲」とは「 いつくしみ・あわれむこと」「 情け」という意味の言葉です。 いつからははっきりしませんが、「仕方がない」の意味でも使われるようになり、江戸時代では主にその意味が多くなりました。

11

その後の『信長公記』記述や、他の書簡(手紙). 信長はこのとき非常に衝撃を受けたようで、彼の霊を弔おうと正秀寺を建立します。 「彼女のことを聞くと是非もない話だと思ったが、よくよく事情を聴き悩みを知ると気持ちが手に取るように分かった。 先のように、戦国武将の織田信長が家臣の明智光秀に謀反を起こされたと知った際に発した言葉として有名になっています。

14