新藤 義孝。 【長州「正論」懇話会】自民党・新藤義孝氏「社会や価値観の変化に合わせて憲法を改めるのは当然」(1/2ページ)

ので7選。 11月に発生した中国漁船違法操業事件について・漁業関係者より現状説明を受ける。 山口県下関市の下関市民会館で7日に開かれた長州「正論」懇話会の第33回講演会で、自民党憲法改正推進本部事務総長で、元総務相の新藤義孝衆院議員は憲法改正について、「国家の将来や根本的な課題について、冷静に議論し、国民の判断をあおぐのが民主主義国家の姿だ」と訴えた。

8

遺族たちもそれを待ちわびている」 「国のために命をささげられた方々だ。 (平成25年)には、内閣府特命担当大臣()に任命された。 終戦から75年が過ぎても、英霊は一刻も早くふるさとに帰りたいと願い続けていることだろう。

10

プライベートのことで、違法行為ではないとはいえ、後援者の葬儀の後に立ち寄ったということで、マスコミや国民からは疑問視されています。 なのか、一部の人は「地元に金を落とせよ」と内心ツッコんでしまったようだ。

読売新聞 2009年7月30日• - 新藤が初代代表である。 に賛成。 その上で「国を誰が守るのかという規定を置くことなどが重要だ」と訴えた。

所属団体・議員連盟 [ ]• へ毎年参拝している。

19

2019年7月18日閲覧。

5

自衛権について現憲法はすべて解釈でしのいでいる。

15