Wqhd モニター。 モニターはWQHDと4k、27インチと32インチどれにする?比較・決め方&おすすめを紹介

またVAパネルで平面モニターという事もあって、 32インチのWQHDモニターの中ではとても低価格になっています。 ピボットできそうなスタンドですが曲面モニターなので非対応です。 また、 背面に搭載されたUSB-A端子からスマホを充電することもできます。

デメリットを上げると、モニターの後ろについているOSDボタンが操作しにくいことが挙げられます。 24インチモニターを探している方に丁度よいサイズ感です。

16

いや、高くて買え(ry よってFPSなどの60Hz以上のリフレッシュレートが必要なゲームをする可能性があるならば、4kはおすすめしない。 10bitカラー対応• また、ゲーミングモニターにはさらに1ランク上の240Hzのリフレッシュレートを出せるものもありますが、 実は144Hzと比べてあまり差が無いのです。

。 など、一つのパソコンで複数の事を同時に行うことが容易となります。 165HzはDisplayPort接続時のみの点には注意。

9

ちなみにこの価格は32インチのWQHD144Hzモニターの中では最安値クラスとなっています。

1

4kだとこれよりも小さくなる 見づらい。 最薄部で1cm未満の極薄のボディ• ブルーライト軽減やAMD FreeSyncテクノロジーに対応しています。

11

(モニターに付いているスピーカーはどこのメーカーもおまけ程度で同じです。 【HDR 10】対応。

10

G-SYNC Compatible取得• 少し小さい24インチや27インチぐらいまでなら種類も多いですが30インチ以上になると選べる種類も限られてきます。 さらに、 Macだとスケーリング対応はバッチリだが、Windowsは対応が遅いらしく、• モニターの動作モードは、「標準」「映画」「FPS」「RTS」「アイセイバー」の5つから選べます。

11

WQHD = フルHDの1. Nvidia製のGeForceを使っているユーザーは「G-SYNC対応のゲーミングモニター」 を利用することで、 最適なゲーム環境を構築できます。

1