イース 通史。 イース通史PLUS HIGH RISK REVOLUTION

日本ファルコムのキャラが一堂に集結し、イースキャラも登場する。 ただ、僕が仮に担当して、上の方針で移植をしたらとんでもない大改変なわけで、みんな心臓止まっちゃったと思うし、ヘタをしたら、通してもらえず降ろされていた可能性もあるぐらいだと思うので、常識的な判断としては 「ソックリに見えるようにする」なのはよーくわかるが、やっぱり僕としては 「わかってねえなあ」と思うのである。 して記事の信頼性向上にご協力ください。

8

Steam版は2017年9月に発売の予定だったが、2018年に延期されている。

4

世界設定 [ ] 本シリーズは番外編を除き「『』を翻訳・小説化したもの という設定になっている。

2009年4月4日閲覧。

18

」が放映された。 『イースシリーズ』はこの伝説をそのままゲーム化したわけではないが、『I』と『II』の舞台となったエステリアの位置は現実世界に照らし合わせるとイスがあったとされる位置に近く、また海中と空中という差はあるものの消えた都市を扱うなどと、いくつかの共通した設定が見られる。

6

冒険の舞台 [ ] アドルが活躍している舞台は、まだ交通手段が徒歩と船のみの時代 の エレシア大陸エウロペ地方およびその南に位置する メドー海の周辺地域を中心としている。

15

この他に特殊効果を持つ装備が加わることが多い。 ちくそう。

11