収益 認識 に関する 会計 基準。 税理士が解説!「収益認識に関する会計基準」とは?

代理人取引 商品の販売やサービスの提供を行った者が「本人」か「代理人」かによって、会計処理が異なります。 これは、2021年4月1日以後に始まる事業年度から、日本の大企業の売上計上の会計基準(収益認識基準)が大きく変わることで、多くの大企業が経理部門だけでなく、営業部門や事業部門まで巻き込んでの対応に迫られていることによります。

13

サービスの場合はもっと複雑で、お客様が便益を得たタイミングで計上しなくてはなりません。 また、基準のより詳細な解説として、収益認識基準関連の書籍を刊行していますので、併せてご利用ください。

9

まとめ 新しい収益認識基準は会計処理の方法に留まらず、業務や契約の内容にまで影響を及ぼします。

20

売上は全ての企業の取引に関わるので、影響も全ての企業に及ぶことになります。

10

ですが、大企業との取引を行う場合には、玉突きでビジネスに影響を与える場合があること、税法改正で一部の中小企業にも影響する部分があることから、その内容をザックリとだけでも理解しておくに越したことはありません。

16

契約資産、契約負債の計上 顧客から対価を受け取る、または対価を受け取る期限が到来する前に、財あるいはサービスを提供した場合は、収益を認識し、資産科目として「契約資産又は債権」を計上します。 だとすると、ポイントにも価値があるのでサービスとして振り分けようという理屈です。 」と大まかに規定されているだけという状態が続いていました。

15

公表した会計基準• なお、メーカーが直接の販売先である卸売業者ではなく、卸売業者の販売先である小売業者(顧客の顧客)にリベートを支払う場合、飛び越しリベートといいますが、同様に処理するとされています(会計基準63項かっこ書)。 少し難しくなりますが、売上や費用は事実が起きたことに基づき、実際のお金の動きとは関係なく認識し、財務諸表に記録する必要があるのです。 引き渡し後のアフターサービスについては、有償でのサービスであれば、通常、別個のサービスとして履行義務を識別することとなりますが、無償(もしくは販売価格の中に含まれる)でのサービスでも、法定のアフターサービスを超えた保証については、収益認識適用指針34項から38項に従った検討が必要となります。