ガラケー 女 デマ。 「ガラケー女」と呼ばれて。デマ・中傷との闘いの記録 (2021年2月15日)

「私がまだ寝ている時、友人から連絡が届いていました。

URLを教えてもらって、見たら本当に私の名前と顔が出ていました。 8月17日早朝のことだ。

4

出典: 事件の詳細 犯行動機 拡散した動機については次のように釈明しています。

氏名や住所など発信者情報が開示され、発信者を特定できた場合は、発信者に対する損害賠償請求などを検討するという。

12

石川県• 朝日新聞出版 「あおり運転」殴打事件で、全く関係のない女性がネットでデマを流された。 でも何を発信すればいいのかも分からない。 女性は23日、都内で代理人弁護士とともに会見し被害を訴え、投稿者らの法的責任を追及する方針を明らかにし、「精神的に平常に戻れていない」と心境を語った。

予めご了承ください。 新潟県• 女性の代理人弁護士を務める、インテグラル法律事務所(東京)の小沢一仁(かずひと)弁護士は言う。

同書は、2019年の8月に発生した「常磐自動車道あおり運転事件」において、指名手配され逮捕された男性の同乗者と間違われ、いわれのない誹謗中傷をネット上で受け続けた著者が、その経験を記すとともに、インターネットやSNSとの付き合い方、向き合い方を提唱する内容です。 でやり取りしていたところから3週間連絡が途絶え、として煮詰まったと考えたため」と説明。

7