理学 療法 士 国家 試験 55 回。 第55回(R2) 理学療法士国家試験 解説【午後問題61~65】

今回の協力者• 必ず自分で調べましょう! 第55回理学療法士国家試験 午前 第17問 問17 55歳の女性。

18

問題となるのは B だ。

歩行障害• 一般問題(160問)• 神経筋接合部では、神経線維の末端が、運動神経終板と呼ばれる筋膜上の特殊な部位とつながっている。 4月2日(木)心電図• 筋の短縮の防止、および改善• 1、FBS Functional Balance Scale は、バランス能力の低下を発見するスクリーニングとして活用される評価です。 近年の国家試験の特徴は『バラツキ』 先ほど、過去5年分を例として挙げました。

床にひいた一本線上を歩く• 薬剤師:70%• 〇 正しい。

16

Uhthoff現象:体温が上昇による症状の一時的悪化 問題文の「外気温の高い時間帯を避けて実施する」はUhthoff現象に対する留意点なので答えは5となります。 これを問題文に当てはめると• 作業療法士:81%• 受験者はおそらく12,000人で、合格者数が9,700人とすると、合格率は 80. なぜなら」と答えを前提に理由を導き出してしまう。

13

第54回:85. 〇 正しい。 肝細胞1個の細胞質内に700~900個前後存在し、TCAサイクルによるエネルギー ATP 産生を行う。 義足の異常歩行問題は減少傾向であったが、毎年、出題率の高低にはその年の特徴がある、来年受験をされる方は引き続き、どの分野からも出題されても良いよう、過去問を利用して苦手科目を無くすよう、満遍なく勉強する必要がある。

14