バレンタイン デー 起源。 日本式バレンタインデーの起源・歴史とは

今となっては、関係各社がそれぞれに自社の歴史を誇張して「うちがバレンタインデーの元祖だ」とアピールして消費者を獲得しようとする様相があり、このあたりの経緯もなかなかに面白い。 贈り物はチョコレートに限定されているわけではないので、花やカードを送る人もいるそうです。

4

他の説も存在 実は、ローマ皇帝の迫害を受け殉教した「聖ウァレンティヌス(バレンタイン)」に由来するという説も存在する。 欧米でチョコレートを贈る風習が全く無いというわけではありませんが、 チョコレートは添え物。

7

この日が2月14日だったのです。

1

その頃のローマでは兵士たちが任務がおろそかになったり、士気が下がったりするのは、家族を恋しく思うためだとされ、皇帝により結婚が禁止されていました。 バレンタインの夜は、花束を持った男性と(花束を貰った)女性がたくさん街を歩いています。

7

「バレンタインデーは偶像崇拝を行うキリスト教の祝祭であり、を崇拝するがこの祝祭を祝うことは許されない、神の怒りと罰をおそれこの祝祭を忌み嫌い否定することがムスリムの義務である」と表明した。 女性から男性へ贈るのが殆どという点と、贈る物の多くが『チョコレートに限定されている』という点は、日本のバレンタインデーの大きな特徴である。 ホワイトデーの起源については、の・のキャンペーンと、の構想が注目されている。

11

(ひとりぼっちの方にとっては嬉しくないイベントではありますが…) 友チョコを分け合って仲を深めるも良し、自分へのご褒美として自己チョコを買って楽しむも良し、好きな人と愛を確かめ合うのも良しでしょう! 大切な人への日頃の感謝と愛を込めて、特別なバレンタインデーを楽しんで下さいね。 各種の説があるが、バレンタインデーが日本社会に普及したあとに、自社宣伝のために主張されたために誇張も含まれると思われる。 そこで本記事では、バレンタインは元々どのような日なのかを解説した上で、世界各国のバレンタインの過ごし方を紹介したい。

13

日本では「チョコレート」に言葉を添えるのが一般的ですが、イギリスでは「バレンタインカード」や「真っ赤な薔薇」、小さなプレゼント(チョコなど)、「ディナー」が一般的です。 しかし風紀の乱れをおそれた当時の教皇はルペルカーリア祭を禁止。 バレンタイン司祭 昔のローマの2月14日は、女性の結婚や出産を司る女神「ユーノー(Juno)」(ユノ、ユノー、ジュノーなど)の祝日で、翌日の2月15日からは豊穣を祈る「ルペルカリア祭」というお祭りが開催されていました。

12