中国 無人 探査 機 着陸。 中国無人探査機が初めて着陸したのは?【ニュース検定】答えと解説池上彰

月面への有人飛行、さらに恒久的な月面基地の建設さえも見据えている。

中国は昨年1月、「嫦娥4号」を世界で初めて月の裏側に着陸させることに成功した。 中国による月面着陸は紛れもなく科学的な成果」と引退したNASAの宇宙飛行士マーク・ケリー(Mark Kelly)氏は1月4日(現地時間)、。

さらに、表側と比べるとクレーターが多く、起伏も激しくなって、探査機を着陸させるためには、非常に高度な技術が必要なのです。 月の試料を持ち帰る「サンプルリターン」が成功すれば中国として初めてで、1976年の旧ソ連以来44年ぶりとなる。

16

サンプルを収めた小型機だけを月面から発射させ、月の軌道で待機している周回機にドッキングさせるなど、これまでより難度が高い任務に挑んでいる。 「ただの着陸ではない」とオーストラリアの宇宙飛行士アラン・ダフィ(Alan Duffy)氏は着陸の後、。 今回は月の裏側というのがポイントです。

アメリカやロシアの探査機が、これまで着陸に成功したのはあくまで月の表側です。

16

中国の探査機が月面に軟着陸するのは、2013年12月の「嫦娥3号」、19年1月に世界で初めて月の裏側に着陸した「嫦娥4号」に続き3回目。 月の試料を持ち帰る「サンプルリターン」が成功すれば中国として初めてで、1976年の旧ソ連以来44年ぶりとなる。

7