反り č…°ã€‚ éĒ¨į›¤å‰å‚žã¨åã‚Šč…°ãŽæ˛ģし斚

æ…ĸ性įš„ãĒ腰į—› č…°éƒ¨ã‚’åã‚‰ã™į­‹č‚‰ãŒéŽå‰°ãĢ働いãĻしぞい、įĄŦくãĒãŖãĻしぞいぞす。

20

じゃあäŊ•ã™ã‚Œã°ã„いぎīŧŸ äģŠã‹ã‚‰č§ŖčĒŦする斚æŗ•ã¯į´šäģ‹ã™ã‚‹é †į•Ē通りãĢエクã‚ĩã‚ĩイã‚ēã‚’é€˛ã‚ãĻいくと最も劚果がå‡ēるようãĢįĩ„んでありぞす。

18

刀ぎ反りぎ中åŋƒãŒã€ä¸‹éƒ¨īŧˆå´īŧ‰ãĢ寄ãŖãĻあり、īŧˆããŖさきīŧ‰čŋ‘ãã§ã¯åã‚Šå…ˇåˆãŒåŧąããĒるå§ŋã‚’ã€Œč…°åã‚Šã€ã¨č¨€ã†ã€‚ こぎ隙間ãĢ手ぎåšŗがäēŒã¤åˆ†äģĨ上あるįŠļæ…‹ãŒåã‚Šč…°ã§ã™ã€‚

19

半čēĢæĩ´ã¯įŋ’æ…ŖãĨけãĻいただければ、ぎãŧせīŧˆé ­éƒ¨ãŽå……襀įŠļ態īŧ‰ã‚’とり、下半čēĢãŽå†ˇãˆã‚’æ”šå–„ã—ãĻæ°—ã¨čĄ€ãŽæģžã‚Šã‚’取り、åžĒį’°ã‚’äŋƒé€˛ã•ã›ãžã™ã€‚

å‰ŖčĄ“ãŽįĢšåˆ€īŧˆã—ãĒいīŧ‰ãĢ合わせãĻäŊœã‚‰ã‚ŒãŸį‰Šã§ã™ã€‚

ã“ã‚ŒãŒã€Œåã‚Šč…°ã€ãĒぎです。 éĒ¨į›¤ãŽæ­ĒãŋãŒč…°į—›ãŽåŽŸå› ãĢãĒることは多い éĒ¨į›¤ãŽæ­Ēãŋが、äŊ“ãĢさぞざぞãĒæ‚ĒåŊąéŸŋをčĩˇã“すことはよくįŸĨられãĻいることです。 īŧ‘īŧŽä¸ĄčļŗをそろえãĻ、かかとãƒģãĩくらはぎãƒģおå°ģをåŖãĢつけãĻįĢ‹ãĄãžã™ã€‚

【゚ポãƒŗã‚ĩãƒŧãƒĒãƒŗク】 åã‚Šč…°ãƒģéĒ¨į›¤å‰å‚žãŽæ˛ģし斚 ãžãšã¯ã“ãĄã‚‰ãŒåã‚Šč…°ãŽįŠļ態です。 č„šã‚’įĩ„んでいる čļŗをįĩ„ã‚€å§ŋå‹ĸã¯ã€ãŠãĄã‚‰ã‹į‰‡å´ã ã‘ãĢ重åŋƒãŒã„くぎで、į‰‡æ–šãŽį­‹č‚‰ãĢč˛ æ‹…ãŒã‹ã‹ã‚Šãžã™ã€‚ éĒ¨į›¤ã‚’įĢ‹ãĻるだけでも十分ãĢこれらを攚善できるぎです。

8

ãƒģīŧ“į‚šãŽã†ãĄã€č‚Šį”˛éĒ¨ã¨ãŠå°ģがãģãŧ同時ãĢåŖãĢつく ãƒģč…°ã¨åŖãŽé–“ãĢ手ぎåšŗをå…ĨれられãĒい īŧˆæ‰‹ãŽåšŗぎ厚さ īŧž åŖã¨č…°ãŽé–“ぎ嚅īŧ‰ ãƒģ頭とåŖãŽé–“ãĢ指īŧ‘īŊžīŧ“æœŦãģおぎ隙間がįŠēく æ‚Ēいå§ŋå‹ĸīŧ“īŧŽã‚šã‚ĻェイバックīŧˆįŒĢ背īŧ‰ 上半čēĢを垌ろãĢå€’ã—č…°ã‚’å‰ãĢäģ˜ãå‡ēしたå§ŋå‹ĸです。 そぎįĩæžœã€ åŸēį¤ŽäģŖčŦãŒäŊŽä¸‹ã—、エネãƒĢã‚Žãƒŧをæļˆč˛ģできãĒくãĒãŖãĻ å¤ĒりやすくもãĒãŖãĻしぞうぎです。

18

股é–ĸį¯€ãŒã‹ãŸãã€éĒ¨į›¤ãŽå‹•ããŒæ‚Ēい 股é–ĸį¯€ãŽå‹•ããŒã‹ãŸãã€č…°ã‚’反らすことでã‚ĢバãƒŧしãĻいるäēēもいぞす。 ぞた、重åŋƒãŽäŊįŊŽãŒã€Œã€īŧˆã¤ã‹īŧ‰ãĢ寄るようãĢãĒるため刀čēĢがčģŊく感じられ、反りがあぞりãĒい「į„Ąåã‚Šã€ãŽæ—ĨæœŦ刀よりも、より原čˇĩ向きであãŖãŸã¨č€ƒãˆã‚‰ã‚ŒãĻいるぎです。 是非上から順々ãĢčĒ­ãŋé€˛ã‚ãĻいãŖãĻください。