ハクビシン ふん。 屋根裏のフンは「あの動物」だった!?糞からわかる動物とその被害

(収穫した農作物を畑などに残さない、生ごみを家の外に放置しない、ペットボトルや空き缶はキレイに洗う、外飼いの犬や猫などの餌を置きっぱなしにしない)• 新聞紙なら使い捨てにできますし、一回一回捨てながら使用できるため清潔に使用できます。 ボトルの中のオオカミの尿が蒸発したら、また注ぎ足します。 庭木に果実がなっていて、収穫せずにそのままにしていた…といった場合、被害にあうことが多いんです。

厄介な習性が 「ため糞 ふん 」と言って、 糞をする場所を1か所決めて同じところに排泄し続けるという物があります。

ハクビシン 自治体に被害状況の写真を提出して駆除の許可をもらわないと駆除できません。 ハクビシンやアライグマを見かけたら• ハクビシンは夜行性であるため夜の間に農作物を食べた場所に巣を作り、そこに溜め糞をすることもあります。 オオカミの尿を、穴のあいたボトルに入れて、高さ30センチから60センチ程度の場所に吊るしておきます。

12

ハクビシンのフン対策や処理方法についてはこちらの記事で解説しているので、詳しく知りたい方はぜひご覧ください。 鼻先が長い。

15

アライグマやハクビシンの糞から病気に感染することは触れましたが、体にも危険な病原菌や寄生虫が付着しています。 可能であれば蓋がロック出来るものを採用し、物理的な侵入ができないものを選ぶと良いでしょう。 頭がはいる所 大人の握りこぶし大の穴 であればどんな隙間でも入ってしまうので、しばしば民家の屋根裏などに住み着いてしまうことがあります。

弱った壁は早めに修復しておきましょう。

14

捕獲も鳥獣保護法により勝手には出来ません。 値段は家が広くなると料金もアップしていきます。 (参考:) ハクビシンによる被害は報告されているだけでも、複数年に渡って4億円以上の被害が続いており深刻な問題になっています。

3