悪役 令嬢 ルート が ない なんて 誰が 言っ た の。 『 悪役令嬢ルートがないなんて、誰が言ったの? / ぷにちゃん 』 ビーズログ文庫

お部屋をもう少し整えておきますね」 「ありがとう」 今現在、オフィーリアとカリンがいるのは学園の寮だ。 本当にただのおまけと思ったほうがいいでしょう。 ヒーローは誠実で頼れる王子様。

13

感覚的には小説というより, 乙女ゲームのダイジェストを見ている感じです。

6

悪役令嬢であるオフィーリアは、自分の婚約者を攻略対象にされない限り平和に過ごすことができる。 黒のは誰が提供したのかや闇夜の蝶たちの目的は謎のままで、ラストに『巫女の印』出現……ってことは、続編が出るのかなぁ。 それでいて描写は要所を抑えられていて楽しめました。

7

ヒロインは恋する乙女として入り込むに足りる描写を十分されています。 私はじっくり読みたい人なので満足はできませんでしたが, シーンの一つ一つはきちんと楽しめました。 免責について(注意事項)• 平民なので、家名はない。

蜂蜜色の髪と、正義感の強い赤の瞳。 ここは乙女ゲーム『 Freesia フリージア 』の世界。 歳はオフィーリアの一つ下で、15歳。

10

入学式にはヒロインはもちろん、自分を含めた攻略対象者が揃っているはずだ。

婚約者であると良い関係を築いていたが、学園でゲームヒロインに出会ってから雲行きが怪しくなり……。

15

さらにはおそらく存在したいくつものイベントを削っているのでしょうか。

12