宮城 県 沖 地震。 地震 日本海溝沿い領域のうち海側プレートの内部で発生か

地震の影響で、建物が壊れたり、土砂災害が起きたりしているところがあります。 1 複数のアスペリティが別々にすべるタイプ。 (2008年)• 宮城県沖地震は、これまで25-40年という比較的短い間隔で周期的に発生している。

5

7推定)の2回の地震が知られています。

2

新潟県内の主な地震等、様々な情報が掲載されています。

6

1年間隔というのが地震学では通説です。 建物の全半壊7400戸• 宮城県沖では、1885年以降現在までに、M7.1~7.4前後の地震が繰り返し発生したことが知られています。 東日本大震災が発生して、その震源に近いところではストレスがなくなりましたが、その北と南が危ないと思います。

1

1861年10月21日 M7.4程度 陸前の遠田・志田・登米・桃生の各郡で特に被害が多く、潰家・死傷があった。 余震活動は年内いっぱい続き、12月にはM6クラスの余震が発生している。 この地震は、東日本大震災を引き起こした「東北地方太平洋沖地震」の余震と考えられるとして、「揺れの強かった地域では、地震発生から1週間程度、最大震度6強程度の地震に注意」するように呼びかけている。

19

) 1896年6月15日 (明治29) (明治三陸地震) 8.2 津波による被害。

7

仙台駅前で午後11時頃,国道45号線では午後11時半頃まで渋滞が続きましたが,幸い特に事故や混乱はなく,二次災害の発生はありませんでした。 2前後 他の震源域と連動() 1835年7月20日 前の地震から42. 10年前の東日本大震災との因果関係はあるのか。

6

内閣府の日本海溝・千島海溝周辺海溝型地震対策のページです。

3