テドロス 語録。 WHO事務局長テドロス語録「世界はWHOに耳を貸すべきだった」(2020/04/28) :Scrap 2nd.

その後、経済政策の失敗で大飢饉が発生し、政権を打倒しようとする有志の国民らを弾圧。 また、テドロス及び自体がにした態度 例:のへの参加を拒否したり存在の視 をとったとする意見がある。

14

WHOは中国以外で確認された感染者が82人のみだった1月30日に「国際的な公衆衛生上の緊急事態」を宣言し、新型ウイルスの流行に警鐘を鳴らしたと指摘。 さらに、台湾の外交部が中心に立ってテドロス氏を批判したと主張した。

19

一方、ソーシャルメディアではテドロス氏をめぐり、支持派と反対派が激しい舌戦を繰り広げているが、テドロス氏自身もこの争いに参戦。 を化しないでほしい• アメリカはWHOに年間で約120億円を出資していますが、初動に関する調査が終わるまで拠出を見送ることを発表しました。 職責に不適任として辞任を要求• その他にも、何十年もの間に、オロモ(Oromo)民族の土地を強奪し、「民族浄化」という名の民族大虐殺まで行いました。

2

WHOによると、当時のエビデンスは「人から人への感染はない、または限定的」であることを示唆していたという。

テドロス氏のおまいう・中国擁護語録を 某掲示板から抜粋。

3

理由としては「テレワークで人と会う機会が減って整形してもバレない」「術後に顔が腫れてもマスクをするのでバレない」などがあるという。

7