サル ゴリラ チンパンジー 歌詞。 ボギー大佐とは (ボギータイサとは) [単語記事]

しかし、スイカはタネなしで作ろうとするとなぜか栽培途中で実が割れてしまうことが多いそうで、それが生産者の長年の悩みだったそうだ。

16

全然知らなかった。

14

でも、「サル ゴリラ チンパンジー」のように、まったく意味がなくてもメロディーと言葉がキャッチーにはまってさえいれば、たぶん人はそれを覚えて、歌うのだ。 誰もがメロディーを口ずさめる名曲。

20

一方の3歳の次男は、彼のやけに几帳面(きちょうめん)な性格が災いして、種も食べられるんだよといくら教えても、種は取るものと思い込んでいるために、小さくて取りにくいマイクロシードを頑(かたく)なに指でほじくっては、実の奥に押しやって、腕もテーブルも果汁でビシャビシャにして、食べる部分が激減したスイカをちびちび食べていた。 僕はいつもすべての人に身近に感じてほしいです。 こんなにすてきなセリフを私たちも日々の暮らしに取り入れない手はない。

旦那さんのお仕事は、役所のお偉いさんだった気がします。 おそらく、人は元来、「歌を歌いたい生き物」なのではないかと思うのだ。 テレビ朝日の新番組『あざとくて何が悪いの?』。

「サル~」の起源ははっきりしませんが、「みんなの歌」で有名になった後(少なくとも1970年以前)から子供たちの間で全国的に広まった歌遊びのようです。 もしかしたら、「あざとい」のが悪いのではなく、「だましている」のがいけないのかしらとも思ったが、男性は女性に恋をした後にあざといやり口に気づいても、「だまされた!」などとは思わない。 なのに、女子はあざとい女子を許さない。

2