手作り プリーツ マスク 作り方。 子供用マスクの手作りレシピ特集♪簡単な作り方をマスターして危機を乗り越えよう!

「中表」とは、表になる部分を中にすることです。 マスクのプリーツは、見えない花粉やホコリ・菌などがたまらないように、表のひだが下向きになるように作っています。

7

四角の上と下の辺を縫います。 マスクの材料になる布と裁縫用の針、糸さえあれば誰でも簡単に作れるんです。 洗濯するときは必ずネットに入れ、型崩れや毛羽立ちが起こらないように弱水流で洗いましょう。

2

毛羽立ちが痒くなる方は、薄手の綿素材がおすすめです。

12

全体をアイロンがけし、折り目の部分を縫っていく。

1

使用するガーゼは、100均のものでも使えます。 これが仕上がりのタテの長さになるので、 8cmあるか確認しましょう。 切り込みを入れておくと、プリーツをたたむときにたたみやすくなります。

9

4、表に返し、縫い線から5ミリのところを縫っていきます。 このため、特に立体マスクなどの全体を縫っていく場合や、表の縫い目が見える面を縫っていく際には、洗濯バサミやマチ針、ダブルクリップなどで留めておくと布がずれるのを防ぐことができておすすめです。 4.生地を半分に折り、中央と上下1. 左右どちらかの口に手を入れ、生地をひっくり返しましょう。

表地全体にステッチを2mmステッチをかけていく。 【完成サイズ】• どれがいいかわかりません。 中心がズレると仕上がりがよくないため、中心から合わせましょう。

10