竹中 重治 の 弟 竹中 重 矩 の 最期 の 説明 として 正しい もの は 次 の うち どれ か。 吉川英治 新書太閤記 第六分冊

憲吉は、若き日のイギリス留学中、毎日のようにこの博物館に通って、展示作品のスケッチをした。 こうして一九二八(昭和三)年に、国展工芸部の最初の公募がなされた。

4

中江百合子の三男と結婚した泰子は、成城での百合子の交友関係を、こう書いている。

3

77倍しないのは、空き家、離れ、店、工場、作業小屋などを見込んで。 他方経済に目を向けると、その前年(一九二七年)には、多くの中小銀行の休業や倒産が相次ぎ、金融恐慌がはじまるなか、独占資本と金融資本が支配的な地位を占めるようになってゆく。 たとえ今日、人生を終るまでも。

16

異なことを」 「されば、平常は病を 宥 ( いた )わられて、季節変り、朝夕の寒暑にも、立ちどころに 咳声 ( せき )を増し、よく熱など出す弱体が、この炎暑に、粗食をつづけ、兵や軍馬と共に歩み、夜は露草の上に臥しながら……どうでしょう、かえって、この通りな健康でござる。

5

伊丹 ( いたみ )へ参った 栗原熊太郎 ( くりはらくまたろう )、いま戻って参りました」 「おお。

18

一九二七(昭和二)年二月五日の東京朝日新聞に『富本憲吉模樣集』の広告が掲載され、それには、「富本と模樣」と題された、次のような柳宗悦の推薦文がつけられていた。

15

2枚組の1枚食べてしまっていたので「どうしようか」と思いましたが、面倒なのでごみ袋に入れて捨ててしまいました。 重機(2台あったうち燃料切れで稼働1台)を使い自分たちで瓦礫を片付け(遺体が見つかると「1人いたぞ」)、トンネルを通そうとし、瓦礫からカップ麺やペットボトルを拾い、ドラム缶で湯を沸かし風呂を作る。

14

(後藤という方も、単に友人救出だけではなく恐らく単独インタビューなどの野心もあったはず) (イスラム国による日本人人質殺害予告-背景とタイミング) 2億ドルとは法外すぎてそのまま支払うとは思っていないでしょうから、必ずしも身代金だけが目当てとも思えないのですが。 そのうえで資生堂の主人の福原信三氏や写真家の野島康三氏というような友人たちから三千円ずつ出資してもらった。

3