ホーム ルーター l02。 Speed Wi

しかし、 この機種は発売当初からSIMロックフリーとなっており、好きなキャリアのSIMカードを入れて利用できます。 WiMAXの2つプラン概要 WiMAXのプランには大きく分けて、• 2Gbps対応エリアはごく一部 速度はたしかにスゴイんですが、 1. ビームフォーミング機能でWi-Fi通信がスムーズ Txビームフォーミングとは、Wi-FI規格のIEEE802. とはいえ旧機種よりさらに洗練されたデザインでいい感じ。 重量はHOME01の方が軽く小さめですが、持ち運びしませんのであまり意味はありません。

17

ギガスピードの高速ホームルーター、高画質動画も快適に楽しめる• 本体が大きいため電波の安定性が高い Speed Wi-Fi Home L02は持ち運びを前提としないため、筐体が大きくモバイルのWX05やW06と比較して電波の安定性が大きく異なります。

HOME01・・・最大通信速度440Mbps、同時接続20台 最大通信速度、同時接続台数共にL02の方がメリットがありますので、 WiMAXのホームルーターを選ぶ場合L02をおすすめします。 白ベースで加湿器やアロマスタンドと見間違えてしまうほど。

12

HOME「L02」の致命的な欠点は、以下の通りです。 auスマートバリューで料金がお得になる スマホをauキャリアで契約しているなら、加入しているプランに応じてauスマートバリューが適用できます。

主なホームルーターは「WiMAX」「ソフトバンクエアー」の2種類 光回線やモバイルルーターはさまざまな事業者が参入していますが、ホームルーターの主だった機種は との2種類しかありません。 今のところ、ネットゲームをしていて違和感を感じたり、他者から遅延を指摘されることもありません。 2Gbpsのインターネットは有線接続のみ利用可能で、LAN端子は2本となっています。

8

そして新機種であっても、変わらない料金、キャンペーンを行っているのが、当サービスのJPWiMAXなんです。 しかし、飛んでくる電波をキャッチするアンテナの性能はホームルーターの方が上です。

13

外でWiMAXを使う予定がないなら、広範囲に電波を飛ばせるL02を選んでおけば、自宅内を移動していて切断されるなどのトラブルなく、快適にインターネットを利用できて便利です。

20

同時接続台数の限界値は多いに越したことはありません。 デザインがよほど気に入ったなどの事情がない限り、 HOME「L02」は利便性を考慮すると選ぶべきではありません。 スマホなどと同じように基地局から飛んでくる電波を拾って、回線をつなぐことができるからです。

7

なんだかマイナスイメージを与えそうな内容もけっこう書いてますが、過去モデルたちより性能は圧倒的に上。 ただ、L02やL01s(この二つは同系列のルーター)専用のアプリは電波の状況を見てベストなポジションがわかる機能や5GHz優先でつなげる機能、LEDをオンオフする機能などより機能が多いです。 本サービスはベストエフォート型サービスです。

20