インカ 帝国。 インカ帝国の遺跡「マチュピチュ」の謎がついに解明

皇帝は最高神「太陽の子」又は「太陽の化身」だった。 第九章 インカへの欲望• 近年、キープは数だけでなく、インカ帝国の歴史の記録や手紙としても使われていたことが分かりました。

1

インカの暮らしを守り続けるマティンガ村には「太平洋の彼方からやってきた神が王国を築いた後、『いつか私は必ず戻ってくる』と言い残し再び海へ旅立った。

2

もう一度インカ部分 そしてスペイン部分。 実はインカ帝国に色の違う縄を結んで何かを記録したキープ quipuという縄が存在した。 前日のパレードから夜遅くまで飲み、歌い、踊る、クスコの街が盛り上げる重要なお祭りなのです。

10

インカ帝国の遺跡と言えば、(文化遺産)にも指定されて観光地として有名なペルーの「マチュピチュ」でしょう。

当時、新大陸に渡ったスペイン人は誰もが「エル・ドラード(黄金郷)」にとりつかれていた。 スペイン人たちはこれをアタワルパの命令であったと主張、1533年7月のアタワルパ処刑に際しては、これは告訴理由の一つとなった。 この事からインディオ達はこの人物をビラコチャ(海の泡)と呼ぶようになった。

1533年ごろのスペインの考え方だと、統一の歴史を持たなければ帝国とはいえないとされていました。 1532年、アタウワルパが勝利を収め皇帝となりました。

2

太陽の動きを観測し季節を予測出来たものこそが権力を持つことが出来た。

1

マチュピチュは、北東から南西に伸びる断層と北西から南東に伸びる断層が交差する場所に建てられている。 <ティトゥ=クシ=ユパンギ口述・染田秀藤訳『インカの反乱』 1987 岩波文庫> 最後の皇帝「トゥパク=アマル」 トゥパク=アマルの名は、インディオのスペインに対する抵抗の象徴的な名前となり、1780年にはその2世を名乗る人物が反乱を起こし、といわれている。

3

公用語はケチュア語で、国教は太陽崇拝。 だが、当然ながらそんなに単純な話ではなかった。