幸せ では ない が もう いい。 「結婚できない相手」と付き合うのはやめて別れたほうがいい? [島田佳奈の恋愛コラム] All About

自身の戸惑いが赤裸々に記され、現実と物語の間で逡巡する。 Licensed material used with permission by. 悩みの種は自分でつくり出したものでしかない。 そんな友だちとは距離を置きましょう。

1

いや、分からないんです、何にも。 そう想像すると(だがその前提は本質的には不要なものだが)母親の死によって何か胸につかえていたものが取れ、少しやましさを感じながらも安堵のようなものをハントケが感じたであろうことも透けて見えてくる。

3

結婚できるかもしれないわずかな可能性に賭け、思い切ってプロポーズするのも一案です。 自身はもはや好むと好まざると、そして様々な見方をされる、世界の というのかな に多少のスペースが割かれる作家だが、無論、彼の母は一人の「名もなき人間」だ。

5

人格や才能や能力を誉められたり、受け入れられたりするのではなく、むしろ批判されたり、利用されたり、まったく相手にされないこともあります。

行ったり来たりの堂々巡り。 そういう意味でははの中でもやはり少し「評価」の与え方、受賞することで生じる意味や利用などの二次的広がりに関するその考え方が独特なのだろうか、と思う。

20

話の本筋からは外れるけど、お母さんが自分で針で何度か堕胎する話が出てきて、昔はそういう世界だったんだろうなあ、と思ったり。

11

でも、無理をしないと合わせられないようなことだと、人は自分らしさを失い、どんなに恵まれた環境でも幸せではなくなってきます。

7