タラモア デュー 12 年。 タラモア・デュー12年〔アイリッシュウイスキー初心者におすすめ〕

48klの再々溜釜 1基 という大規模な設備を導入しており、大量生産を可能としていました。 その時点で、タラモア・デューはミドルトン蒸溜所でのライセンスの下でまだ生産されていた。

12

2017-12-09 FaceBook Page タラモア・デューについて タラモア・デューは、ミドルトン蒸溜所で作られるアイリッシュ・ウイスキーです。

19

名前は、元の蒸留所の責任者で後に所有者となるダニエル・E. 「藤の露」「園の露」などの名称がある、九州南部の焼酎に通じる命名ですね。 原材料にモルトのみを使用、3回蒸溜した モルト原酒をバーボン樽で14年熟成した後オロロソ・シェリー樽とポート樽、マディラ樽で8ヶ月の後熟を行ったものとなります。

6

3度・700ml 」もあります。 ジェムソンよりも先にタラモアデューを飲んだという方もいます。 知名度 [ ]• 少しのオレンジ感 味わいはかなりスムーズでまろやかです。

2

独特のトロピカルフルーツと穏やかなスパイスのフレーバーを与えるために、以前はデメラララムの熟成に使用され、最初にXOラムが充填された樽で仕上げられた。

7

Tullamore Dew official website. ストレートで。

2

どこかでめぐり合わせたら是非味わってみてください。

9

蒸溜所竣工時にゴードン氏から「100年持つ石を使ってくれ」とやや無茶振りのオーダーがあったそうです。 しかし好景気は続かず、その後情勢による思わぬカウンターパンチを食らうこととなります。 未発芽穀物を使うことで、これもオイリーでスムースな味わいを実現していますが、に比べるとオイリーさが若干控えめな印象。

11