青 は 藍 より 出 で て 藍 より 青 し。 故事成語「青は藍より出でて藍より青し」の意味と使い方:例文付き

「青取之於藍、而青於藍」に書かれている「青い色は藍という草から取ってできたものだが、それはそのもとである藍よりもさらに青い」という言葉は、門人が師よりも一歩進んだ修養ができていることをたとえたものです。 詩経にこうある、 「ああ、おまえたち君子よ、常に安逸をむさぼることがあってはならぬ。 - アイsynonym(2011年11月4日閲覧)• 生葉に比べて無駄なく染色でき、時期もあまり選ばない。

10

「夷」は東方、「貉 ばく 」は北方の異民族。 故木受縄則直、金就礪則利、 君子博学而日参省乎己、 則智明而行無過矣。 この作品では「藍より青し」という表題の「藍」と「青」の文字が菱形の枠で囲んで強調されており、ファンの間では「藍青 あいあお 」の略称で親しまれています。

14

植物の一種。 特に江戸時代に(現・徳島県)で発達し、初めには藍玉の年産高は15 - 20万俵を誇り、として名産品になった。 青は、藍草から取ってできるものだが、藍草より青く、 氷は、水が変化してできるものだが、水より冷たい。

8

」 から 「弟子が師を超えていく」の部分を英語にすると伝わります。 末に書かれたの『紺紙金銀字交書一切経』は紺紙の保存性により朽ちることなく現存している。 「規」はぶんまわし、すなわち"コンパス"である。

15

詩曰、 「嗟、爾君子、無恒安息。

12

でも着続けると時がたつにつれ色がなじみ、藍はより青く鮮やかになっていく。 「明」は"物事に通じているさま"、形容詞。

染色には、すくもを水甕でさせてから行う(醗酵すると水面にできる藍色の泡を「藍の華」と呼び、これが染色可能な合図になる)ので、夏の暑い時期が最適である。 干や越、夷や貉といった異民族の子供らは、生まれたときは同じように産声を上げるが、 成長すれば異なった風俗を身に付ける、これは教育がそうさせているのである。

2

『荀子 (じゅんし)』の冒頭の一句だが、宋 (そう)代の刊本には「青取 二之於藍 一」と「取」の字が用いられており、このほうが常用されている。

10