マイ ナンバーカード 住所 変更。 通知カード取得後住所変更した人がマイナンバーカードを取得する方法

婚姻届や転入届の手続きのタイミングで、氏名や住所に変更がある場合は、マイナンバーの手続きも忘れず、14日以内に行っておきましょう。 なぜ通知カードが廃止されたのか、そし… 「通知カードを持っていて、住所が変わった人」はどうすればよいか? 住所変更されていない通知カードは、マイナンバーの証明に使えないので以下のどちらかをしなければなりません。 マイナンバーカードの申請中に引越しをする場合 マイナンバーカードの受け取り前に引越しをする場合、前述の通り、 市町村をまたいで引越しをする人は再申請が必要です。

「個人番号通知書」を持っている・氏名も住所も変更なし 特に必要がなければ手続きはありませんが、「マイナンバー確認書類」が必要な場面では、マイナンバーカードの交付を申請するか(1ヶ月ほどかかります)、マイナンバーが記載された住民票の写し、住民票記載事項証明書を取得します。 その人の戸籍謄本等に記載されている過去の氏の中からひとつを選べます。

ただしマイナンバーカードの場合は、「4桁の暗証番号入力」が必要になります。 証明書としての利用はできませんが、個人のマイナンバーが記載された重要な書類ですので、大切に保管してください。

14

マイナンバー通知カードを受け取っていなけばこの法的義務が消えます。

本人確認のための身分証として利用できます。 市区町村• その場合、顔写真の提出は必要ないこともあるため、新居の管轄の役場に問い合わせてみましょう。 また、カードの有効期限が切れると、特例転出・特例転入ができないだけではなく、身分証明書としての効力もなくなってしまいます。

8

再発行を希望する場合、暗証番号(6桁以上16桁以下の英数字)が必要です。

10

スマホやパソコンからでも住所変更の申請はできる? マイナンバーカードを利用して行政サービスをオンラインで受けられるサービス「」からは、スマホやパソコンで各種申請や電子証明書の発行が可能だ。 期限が近づくと更新するよう有効期限通知書が届きます。 引越しをしただけではマイナンバーの番号は変更されない マイナンバーは、国民ひとりずつに与えられた番号で、市区町村や都道府県の単位ではなく、国が管理しているものです。

2

マイナンバーカードは、ネットや証明写真機、郵送でも申請できます。 7 通知カードの交付を受けている者は、第十七条第一項の規定による個人番号カードの交付を受けようとする場合その他政令で定める場合には、政令で定めるところにより、当該通知カードを住所地市町村長に返納しなければならない。

12

代理人の本人確認書類• 「マイナンバーの証明書」や「身分証明書」として利用することもできません。

13