舞台 オスロ。 坂本昌行主演舞台『オスロ』きょう6日開幕「無事に幕を開けるのは僕たちの使命」|オリコンニュース|徳島新聞

あまり硬くなりすぎずに、決めるところは決める、というのを出せたらいいなと思います。

5

観客数が定員の50%に達しているため、新規のチケット販売を全公演停止致します。 河合さんは坂本さんの後輩ですが、実は僕も同じ高校というつながりの後輩なんです。 これまでミュージカルや舞台で沢山経験されたお話を聞かせて頂き、近くで勉強したいと思います。

この座組みなら、こんな時代だからこそ、絶望に差し込む光を身近なものとして、忘却されてはならない真実として、お見せすることができるでしょう。 外交官の妻モナ・ユール(安蘭けい)のカイロ赴任に伴って中東各地を旅して回っていたある日、夫妻は二人の少年がにらみ合って武器を手にしている光景を見かける。 物語は『このままではいけない!』と、立ち上がった人物たちが描かれています。

20

この作品は「夫婦で世界を変える」という決意から始まるお話ですが、観ていただいた皆さまに世界という大きなことではなく、小さなことでも一歩を踏み出せるような気持ちになっていただければ、と思っています。

11

劇場に入って初めて、表情全体が見られたので、こんな表情をしていたんだ、という驚きとともに、こうしたご時世のなか、初日を迎えられることをとても嬉しく思っています。

18

1日も早い事態の沈静化、ならびに皆様の健康と安全を心よりお祈り申し上げます。

1

あらすじ 「リスクを冒す価値はある 成功すれば、世界を変えることになる!」 ノルウェーの社会学者テリエ・ラーシェン(坂本昌行)は、仕事上イスラエルやPLO(パレスチナ解放機構)に知り合いが多く、風土や人々を魅力的に感じていた。 会場 新国立劇場 中劇場 チケット代金 全席指定・税込 11,800円 出演者 坂本昌行(V6) 安蘭けい 福士誠治 河合郁人(A. 主演は、舞台やミュージカルで圧倒的な存在感と確かな演技力で魅せる坂本昌行。

16

来ていただくからには、非現実の世界を味わって楽しんでいただきたいと思います。 テキストのコピーはできません。 人が動くことで国をも動かす大きな話ですが、その人物の根底にある、軸にあるものを表現できたらと思います。

19