天皇 誕生 日 2021。 【 2020ー2021年】日本國定假日一覽

天皇誕生日はで自動的に移動・変更されず、法を改正して新たに天皇誕生日を規定する法令が施行される必要がある。 2019年は3連休が9回、4連休が1回、連休は合計10回 1月12日~14日(3連休) 2月9日~11日(3連休) 4月27日~29日(3連休) 5月3日~6日(4連休) 7月13日~15日(3連休) 8月10日〜12日(3連休) 9月14日~16日(3連休) 9月21日~23日(3連休) 10月12日~14日(3連休) 11月2日~4日(3連休) 参考:2018年の祝日と連休 2018年の祝日は20日 1月1日:元日 1月8日:成人の日 2月11日:建国記念の日 2月12日:振替休日 3月21日:春分の日 4月29日:昭和の日 4月30日:振替休日 5月3日:憲法記念日 5月4日:みどりの日 5月5日:こどもの日 7月16日:海の日 8月11日:山の日 9月17日:敬老の日 9月23日:秋分の日 9月24日:振替休日 10月8日:体育の日 11月3日:文化の日 11月23日:勤労感謝の日 12月23日:天皇誕生日 12月24日:振替休日 2018年は3連休が9回、4連休が1回、合計10回 1月6日~8日(3連休) 2月10日~12日(3連休) 4月28日~30日(3連休) 5月3日~6日(4連休) 7月14日~16日(3連休) 9月15日~17日(3連休) 9月22日~24日(3連休) 10月6日~8日(3連休) 11月23日~25日(3連休) 12月22日~24日(3連休)• 孝明天皇祭(こうめいてんのうさい):1月30日• 休日ニ関スル件時代に、国民のへのを受けて設けられた唯一の休日である。

(2017年12月21日)の取材に政府関係者がこう証言している。 皇位継承後の12月23日を平日とするのか、あるいは新たな国民の祝日とするのかについては、国民各層の幅広い議論が必要だと思う」と、世間の動向を見ながら判断する考えを示した。

14

建国記念の日は、日本国の建国がいつなのか曖昧なため「の」が入っています。 これに伴い7月に4連休、8月に3連休が出現する。 2020年から「体育の日」が「スポーツの日」に替わる• では、2021年はどのように変化しているか見てみましょう! 2021年日付 祝日の呼称 1月01日(金) 元日 1月11日(月) 成人の日 2月11日(木) 建国記念の日 2月23日(火) 天皇誕生日 3月20日(土) 春分の日 4月29日(木) 昭和の日 5月03日(月) 憲法記念日 5月04日(火) みどりの日 5月05日(水) こどもの日 7月19日(月) 海の日 8月11日(水) 山の日 9月20日(月) 敬老の日 9月23日(木) 秋分の日 10月11日(月) スポーツの日 11月03日(水) 文化の日 11月23日(火) 勤労感謝の日 2021年は本当に安定していて、振替休日もありませんね。

19

来年からは天皇誕生日は2月23日ですので、こちらもぜひ覚えておいて下さい!. 菅義偉官房長官は12月21日の記者会見で「どのような日を国民の祝日にするかは多様な論点がある。

5

では、祝賀の儀、宴会の儀、茶会の儀、が行われる。 つまり、2019年の令和元年(平成31年)の年には、天皇誕生日がなかったんですね。 一方で、現在の天皇誕生日(12月23日)には特に触れておらず、平日となる見通しだ。

12

祝祭日は、明治時代に決められました。 は明治節に関係なく、帝国憲法の改正手続を経て昭和21年()11月3日にが公布されて、国民の祝日「 」となった。 なお、2020年2月23日は日曜日のため、24日が振替休日の三連休となる。

16

10月9日〜11日(3連休) 2021年は近年では圧倒的に連休少ないです。 1月1日:元日• 「天長」はの「天長地久」より採られている。 カレンダーを見ると、ゴールデンウィークが10日間も続くという異例の年となっています。

15

天皇誕生日は、慣例により日本の国家の日(ナショナル・デー)とされる。

14

ゴールデンウィークが10連休という人も多い• やはり12月に天皇誕生日という祝日が無いとしっくり来ない人も多いと思います。

15