守屋 浩 本間 千代子。 本間千代子 病気

その2・ぼくはないちっちってなんですか? 守屋浩さんのご冥福をお祈りします。 翌60年には映画化され、80年代後半になっても志村けんさん(今年3月他界)がフジテレビ「志村けんのだいじょうぶだぁ」で替え歌を披露するなど、長く愛されている名曲だ。 うーん、何とも言えない嫌な気持ちである。

(FMラジオ2010年5月8日放送「おはようサタデー~」での本間千代子談 [ ])• (1963年) - 川上ミチ子• 3人合わせて「」と言われた時期もある(を入れて「四人ひろし」となる場合もある)。

16

(1964年) - 久保知恵子• 守屋は当時ので大躍進し、にも知られるようになった。 「スタジオ速報 本間 千代子とともに汐干狩りを楽しむ会」『近代映画』1966年6月号、、 213頁。

本間自身の言葉によれば、今回収録分が彼女のリリースした作品の全てではないという。

16

75年離婚。

19

これは既に第一線で活躍していた、に合わせたものと言われている。 本間をした山崎真一郎は、高齢だったのか 、1962年1月11日付けでになって京都に転勤になり 、関西地区傍系事業担当の後 、1962年10月の岡田茂との取締役選任と同時に東映を退社した。

4

大手芸能事務所ホリプロの第1号タレントで、1960年からNHK紅白歌合戦に4年連続で出場。 59年にソロデビューし、翌60年に堀氏が設立した堀プロダクション(現ホリプロ)の第1号タレントとなった。