ご足労いただきありがとうございました。。 「ご足労いただきありがとうございました」意味・敬語・目上への使い方

研修担当者からマナーについて:来訪が当たり前な場面でも「ご足労」を使うべき 「ご足労」という敬語は基本的には自分が訪問すべきところ、相手に来訪していただいた場合に使う言葉です。 「お足元の悪い中」を使う際の基本となる言い回しで、続く言葉に謙譲語を加えたり、少し崩して使用するなど使える場面も幅広く応用が利きます。 ご多忙の中、皆様には「ご足労をおかけ致しまして」たいへん恐縮致しております。

これに加えて、「労」という漢字には「ねぎらう」という意味があります。 訪問を断る際に使える「ご足労いただくのも恐縮ですので」の例文 相手の訪問を断る際に「ご足労いただくのも恐縮ですので」が使えます。

14

「足労」というのはわざわざ出向くこと、足を運ぶことを指します。 「運ぶ(動詞)」も「来る」「行く」の尊敬語で、接頭語の「お」をつけて「お運びくださる」のように使います。

15

「わざわざお越し」と明確に違いはありませんが、「ご足労」の方が、ビジネスで使う言葉として浸透しているので、使えるようになりましょう。

20

というように申し訳ない気持ちと感謝の気持ちの両方の意味を持っている敬語です。 「足労」とは、足を使うことです。 場面に応じて様々な表現を使い分けできるようになると、ビジネスマナーのなっている人だ、と良い印象を与えることができますよ。

8

ですので、「ご足労おかけいたしますが」と使うのではなく「ご足労頂きありがとうございました」といった使い方がよいでしょう。

13

この謙譲語の「お・ご」を使いすぎると文章が「お・ご」ばかりになるため要注意。 適切なタイミングとケースに応じた言い回しをチェックしましょう。 また、自分が明らかに立場、役職が上の場合でも、「ご足労いただき」と冒頭で謝辞を述べることで、印象がよくなりますね。

20

よく使われるフレーズで覚えておくと便利です。 また丁寧語「ます」とくみあわせて「〜します」「〜いたします」とするのが丁寧な使い方ですのでご留意ください。 ちなみに「ご足労」の「お(ご)」の部分は向かう先を立てるために使う敬語であり謙譲語の「お(ご)」です。

8

1:お手数 「おてすう」とも「おてかず」とも読む言葉です。

10