竹内 まりや いのち の 歌 楽譜。 竹内まりやが書き下ろし広末涼子が歌う「キミの笑顔」配信リリース

デビュー曲以来、23年ぶりに彼女と音楽でご一緒できたことを本当に嬉しく思っています。 まりやさんは、難しい言葉や言い回しを使わないのに、私たちが言葉では表現できない想いを歌で届けてくださいます。 作曲:村松崇継 作曲は村松崇継さん。

4

なお、1997年にリリースされた広末涼子のデビューシングル「MajiでKoiする5秒前」を竹内まりやが書き下ろしており、また昨年2019年には、竹内まりやのアルバム『Turntable』時に制作された同名のショートムービーに広末涼子が主演するなどしている。 NHK『みんなのうた』(2020年12月〜21年1月)で放送されている広末涼子の新曲「キミの笑顔」が、12月4日より配信リリースされた。 まさに編曲の魔法!. 」とのこと。

いのちの歌(歌詞) 生きてゆくことの意味問いかけるそのたびに 胸をよぎる 愛しい人々のあたたかさ この星の片隅でめぐり会えた奇跡は どんな宝石よりもたいせつな宝物 泣きたい日もある絶望に嘆く日も そんな時そばにいて寄り添うあなたの影 二人で歌えば懐かしくよみがえる ふるさとの夕焼けの優しいあのぬくもり 本当にだいじなものは隠れて見えない ささやかすぎる日々の中にかけがえない喜びがある いつかは誰でもこの星にさよならを する時が来るけれど命は継がれてゆく 生まれてきたこと育ててもらえたこと 出会ったこと笑ったこと そのすべてにありがとう この命にありがとう (許諾番号9020135001Y38029) いのちの歌(ピアノ伴奏) 編曲の魔法 もともとは朝ドラの歌だった、この歌は、歌詞の内容が道徳の授業との相性がよかったり、感謝の気持ちが歌われており、卒業式でもたくさん歌われています。 山下達郎さんの奥さんですね。

8

第81回NHK全国学校音楽コンクール小学校の部課題曲「ゆうき」の作曲家でもあります。 作曲家&指揮者で、教育音楽界の超人気講師でもある、富澤裕さんの名編曲で、子どもたちも歌いやすく、先生方も指導がしやすいことが、学校現場での大ヒットにつながっているのだと思います。 竹内まりやがNHK『みんなのうた』のために書き下ろした「キミの笑顔」は、広末涼子が過去にインタビューで話していた内容に竹内まりやがインスピレーションを受けコロナ禍に書き下ろした、ピースフルでハートウォーミングなナンバー。

15

このMiyabiさん。 新曲「キミの笑顔」は、最初のワンフレーズから心を掴まれて涙が出そうで。 「世界を旅する音楽室」へようこそ! こんにちは。

5

この曲も、とても美しいメロディですね~ 作詞:Miyabi(竹内まりや) Miyabiと表記されていますが、これはペンネームで、作詞者は、竹内まりやさんです。 ちなみに「だんだん」というのは、出雲弁で「ありがとう」という意味。

こんな不安な時代だからこそ、世代を超えて誰もが励まされるような温かい楽曲にしたいと願って作りましたが、3児の母親となり40代を迎えた広末さんの優しく包み込むような歌声によって、それがみごとに実現できました。 私がいまこのタイミングでうたを歌うなら、昔、私のうたを聞いてくれていた世代と、それを知らない子供ども達の世代、両方にアプローチできたらいいなと思っていました。 ドラマのテーマとぴったりの主題歌だったんですね。