ヴィン ランド サガ 感想。 アニメ「ヴィンランド・サガ」14話感想!最も残酷なエピソード

フローキは次期首領を孫の バルドルに継がせようとしていたが、敵対するヴァグン討伐に招いたトルケルからトルフィンが「トールズの息子」であること知り、次期首領の座を脅かすと判断したフローキは、トルフィン抹殺に乗り出す。 シグルドとトルフィンの再開 トルフィンは久々に会ったシグルドに、父親になったことに対し 「おめでとう」と言葉をかける。 25;z-index:1;margin-bottom:0;max-width:580px;padding:. トルフィン「皆さん、たのしくやっていきましょう。

10

松本幸子• オルマル ケティルの息子。 パテール ケティル農場の奉公人。

6

また、彼の不殺の戦いは、真の愛を追求する修道士ヴィリバルドに示唆を与え、トルケルは出奔時の彼の目に「不思議な輝き」を見出した。

7

トルフィンにとって理想の人物であり、強い影響を与える。 その日も、とあるヴァイキングの集団がフランク領主同士の小競り合いに乗じて包囲されていた都市を瞬く間に落とし、蓄えられていた財貨を残らず奪い去っていった。 本名、トールズ・スノーレソン。

19

しかし、そこで待っていたのは、海岸で正座させられていた4人と、鬼のような形相のハーフダン。 、沖のにてを装ってヘルガとユルヴァと共に脱走。 しかし、アシェラッドのウェールズへの執着にいち早く気づき、の宴席で、彼にウェールズかクヌートかの選択を迫るが、自らの命と引き換えに両方を救う選択をしたアシェラッドに首を斬られ死亡。

そのために自分が果たすべき使命として、遥か海の向こうのを目指し、そこに世の中から虐げられた人々を集めて「 戦争も奴隷もない平和な国」を作ることを決意する。 家事は苦手だが、男顔負けの体力の持ち主。 彼のアイデンティティはデーン人ではなく母方のウェールズにあり、デーン人の兵団を率いながらも暴力のままに略奪を繰り返すヴァイキングを嫌っており、を滅ぼしたにも非情である。

暴力を忌避するようになるが、奉公人に開墾した農地を荒らされた一件では、怒りにまかせて奉公人を殴り倒してしまい、その後見た悪夢の中でアシェラッドと再会する。 一時トルケル率いる500人の部隊が離反するも、クヌートの帰還とともに再び合流する。

2