これが 愛 じゃ なけれ ば なんと 呼ぶ のか 僕 は 知ら なかっ た。 米津玄師

前作の『』からは約一ヶ月という、なかなか早いスパンでの新曲の公開になります。

8

そして、 この曲全てを聴き終えたとき、この「馬と鹿」のタイトルに込められた意味が分かると思います。 これが愛じゃないのなら、一体何て呼ぶのだろう。 今の時代にピッタリな、とても勇気づけてくれるドラマですね。

なので、楽曲の 解釈にはストーリー 概要 を把握しておく必要がありますね。 私は生きる。 くっつければ「馬鹿」ですが、離すと まったく別のものになる。

18

互いの痛みを舐め合って、歪んだ形で愛し合うことは傷つけあっているのと同じだった。 逆境の中をひとつひとつ進んでいく様 が、まさに描かれています。

過去形なのか。 という問題にぶつかります。 他の歌詞考察サイトでも「馬」と「鹿」それぞれについては細かく解説しているので、ここではこれ以上細かく掘り下げませんが…どちらとも高貴で神聖なイメージがあるようです。

20

夫婦や家族としての愛。

19