事業 承継 税制。 事業承継時の相続税対策とは?事業承継税制や相続時精算課税も紹介

こちらも、平成30年度からは都道府県に対し、「特例承継計画」を提出する必要がありますので、詳細については、最後にご紹介している各関係機関のホームページなどで確認してください。 )というカッコ書きの部分です。

2

発行済議決権株式総数の上限撤廃 これまで納税猶予の対象となる株式については、相続税、贈与税とも発行済議決権株式の3分の2までとされていました。

3

事業承継税制とは 事業承継税制とは、中小企業における経営者から後継者への非上場株式の承継に対する相続税・贈与税の納税猶予および免除に関する制度です。 令和2年6月2日• 一般措置の認定を受ける際のマニュアル、申請手続関係書類等については、以下をご覧下さい。 相続税の申告期限後5年間において、やむを得ない理由(精神障害者、身体障害者となるなど)により、後継者が代表権を有しなくなった日以後に、後継者が「猶予継続贈与」を行った場合• PDF形式:1,128KB 平成31年4月3日更新 特例措置の認定を受ける際のマニュアル、申請手続関係書類等については、以下をご覧下さい。

16

医療法人、社会福祉法人、士業法人及び外国法人。 ・贈与による事業承継を検討するケース 贈与による事業承継を選択することが望ましいと考えられる場合として、以下のケースが挙げられます。

15

適用要件とその流れ 事業承継税制を適用するためには、先代経営者、後継者、企業のそれぞれが要件を満たす必要があります。

さらに、納税猶予の申告後5年間は以下6点の要件を満たさなくてはなりません。

8

平成30年の税制改正ポイント• 主に相続税の納税猶予・免除制度と異なる部分について説明します。 「前例を押さえていない」というミスについて責任を取ることはやむをえないが、想定外の新たな解釈を持ち出されて、「脱税」や「注意義務違反」の誹りを受けたくないというのが本音である。

7

次に、 2 の「その会社の代表者」ですが、認定承継会社の代表権を有する者であって、経営承継相続人に限らずにその会社の代表権を有している者すべての人を指します。 法人版事業承継税制 特例措置 について 平成30年度税制改正において、中小企業の事業承継をより一層後押しするために事業承継税制が大きく改正されました。 料金体系には完全成功報酬型を採用し、着手金・中間金・月額費用は無料です。

10

この場合、2代目経営者の納税猶予税額のうち、3代目経営者が納税猶予を受ける株式に対応する部分が免除されます。 事業承継税制のメリットを受けるためには、雇用維持などの条件があるので、 承継後に事業規模を縮小した場合に、要件を満たさなくなってしまうこともあります。

12