アデノ ウイルス。 親が知るべき「アデノウイルス胃腸炎」の症状・予防・対処法

出血性膀胱炎(主に11型) 排尿時の痛みと肉眼的血尿が特徴です。 references js-references-toggle-box-button. 症状発症後は長くても1週間程度で体調も体力も回復してきます。

5

アデノウイルスの型によって喉や目など症状がでる部位も異なることが特徴です。 しかし、だからこそ正しい知識を持って、自分が感染しないように 他人に感染させないように心がけることが重要です。

3

」 通常は軽く済むことが多いアデノウイルスによる下痢症状ですが、新生児、乳児の場合は重症化することもあるそうです。 予防接種やアデノウィルスに対する特別な薬はないため、症状を緩和する、重症化を予防する目的で対症療法のみ行われます。

17

これは宿主細胞のエンドサイトーシス(細胞が細胞外の物質を取り込むプロセスの一つ)による。 主に呼吸器系の感染症が多く、咽頭炎、上気道炎、気管支炎、肺炎の原因にもなっています。

15

7

医療機関をしっかりと受診するようにしましょう。

2