コロナ いつまで 続く。 コロナっていつまで、続くんですか、

緊急事態宣言により業務のリモート化が半ば強制的にスタートする中、本格的なDX推進やAI活用などの施策まではまだ手が回っていないという傾向が見られる。 政府の緊急事態宣言などによる外出自粛の効果も、専門家から見れば効果は限定的なようだ。

8

今期決算では過去最高を更新する企業が続出する見込みだ。

12

歴史的なパンデミックとしては、13世紀のハンセン病、14世紀のペスト、16世紀の梅毒、17~18世紀の天然痘、19世紀のコレラと結核、20世紀に入ってからはスペイン風邪やエイズなどがあった。 「2019年に出現した新しいコロナウイルス」という意味です。

1

ピーク時は1日に1000人以上の新規感染者が発生していましたが、3月中旬から100人未満となり、下旬には1日の新規感染者数が10人から20人台の日が続いていました。 疾病のピークに対処するため、感染軽減対策の実施を含めた具体的プランを立てること。

でも、それには最短でも1年半から2年かかります。 関連記事: 中国に関して間違いなく言えるのは、感染防御に向けて世界のどの国よりも厳しい措置を取っているということ。

8

しかし自粛要請が終わったからといって、すぐにかつての日常が戻ってくるわけではない。 小池東京都知事は、現在の世界的な感染拡大を受けても、このように前向きな発言をされています。

15

例えば、マラリアには効果的なワクチンがないし、2014年に日本で流行したデング熱も初回の感染より2度目の感染の方が重症化することがあり安全なワクチンの開発が難航している。