ロールスロイス ゴースト。 ロールス・ロイス、新型「ゴースト」発表 “魔法の絨毯のような乗り心地”がさらに進化

しかし、それがかえって落ち着かないことが判明。 しかし銀色に光るすべてのパーツのヌメッとした滑らかな指触りやカタチ、ウッドがつくる曲線のラインやレザーシートの風合い、そしてそれらが精緻に作り込まれた上質感はまさにロールス・ロイス。

12

その後、デビューから20年近くが経過し旧退化していた「」の後継モデルとして1998年3月に発表された「」には、BMW製のV型12気筒エンジンが搭載されることになった。 ( - ) 日本での販売 [ ] 輸入者の変遷は以下の通りである。 新型発表の際に「旧型から引き継いだのはスピリット・オブ・エクスタシーと傘(アンブレラ)だけ」とメーカーがいうほどの大刷新だったのです。

11

恐れ多くもロールス・ロイス。 これらはボディメーカーがアメリカ系のため、イギリス本国生産モデルとは著しく異なるスタイリングをしており、ラジエーター以外はかなどのアメリカ車じみた外観だった。 すなわち、ひけらかすようなものではなく、それより遥かに本質的な本当の贅沢を追求しているのだ。

すでに乗り込んだ時点で少々疲れましたが、めげずにエンジンスタートボタンを押します。 車内の静粛性が高級車にとって重要なのは言うまでもないが、徹底的な騒音処理の結果、完璧な無音はかえって落ち着かないとわかり、わずかに「ささやき」が聞こえるようなサウンド・チューニングを施したというのだ。 また、新型ゴーストのボディはアルミニウムを100%使用。

ロールス・ロイス基準の「静けさ」を実現したキャビンには、先進の空気清浄機能も搭載。

12

シンプルな内装は一見すればほかのクルマと装備に変わりはない。 どんな走り方をしても常にフラット感があり、路面の小さな凹凸を消してしまうのではなく、ちゃんと凹凸があることを伝えながらトントンと穏やかにいなして行く。 そんな存在感あるゴーストですが、2009年に旧型モデルがデビューし、世界的に大人気となりました。

11

あのリアシートに乗ることが主目的ともいえるメルセデス・ベンツのマイバッハのロング・ボディですら全長が5,290mmですから、その長さはかなりのものです。 最上級4ドア サルーンのファントムは5600万円~、近年、カリナンというSUVも登場したけれど、そちらは4000万円~。 静粛性のさらなる向上と隠れた入力 新型ゴーストでは当然のことながら静粛性の向上も行なわれた。

4

571馬力のパワーを単に速さや爆音という形で誇示するのではなく、静かでしとやかにという表現方法があることを、改めて納得できるのです。 ロイスと共同経営者の アーネスト・クレアモント( Ernest Claremont、1863年 - 1921年)は新しい分野の市場を開拓する必要に迫られていた。 試しに都内の某ホットスポットの車寄せに行って車をパーキングしてみました。

18