羽田 空港 ラウンジ。 羽田空港国内線のラウンジでクレジットカードで入場できるのはどこ?

国内線第2ターミナルどんなラウンジがある? 羽田空港国内線第二ターミナルにも、が一般エリア一か所、制限エリア二か所の 合計三か所のカードラウンジがあります。 ソフトドリンク• 133席• パワーラウンジノースは 全部で150席と、第1ターミナルにあるカードラウンジの中では最大のラウンジ。 (エポスカードをお忘れになった場合、空港ラウンジはご利用いただけませんので、ご容赦ください。

14

そして中央カウンターには「キリン一番搾り」「サッポロ黒ラベル」の2種と若干異なっていました。 値段は30分1,100円と、サクッと汗を流す程度の使い方であればおすすめできる値段です。

16

成田国際空港のカードラウンジ 成田国際空港には、第1旅客ターミナル、第2旅客ターミナルにカードラウンジがあります。

20

サービス内容• (一部カードを除き、海外発行カードはご利用いただけません。 ビール、おつまみ(有料)• フリースペース(更衣室) 同伴者ご利用料金 (1名様) 1,000円(税別)• 本記事は、特定の保険商品や金融商品の売買、投資等の勧誘を目的としたものではありません。

12

営業時間休業中• なお、同伴者料金はラウンジにより異なるが、大人1名につき1,000円程度、小学生以下は割引または無料となる場合が多い。 )7回目以降は各ラウンジが定める一般料金で利用できます。

13

5倍に増え、さらにレストランやショップ、展望台にプラネタリウム併設のカフェなど、飛行機を使わない方でも存分に楽しめる魅力的な空港です。 一部のラウンジでは、到着後に利用できません。 通常年会費で2人で使った場合は1枚あたり1万800円、3人なら1枚あたり8,280円、4人なら1枚あたり7,020円になる計算だ。

こどもラウンジ 国内線ラウンジなのに、 シャワーが付いているのはありがたいですね! ANAはと言うと、サクララウンジに相応する国内線「ANAラウンジ」にシャワーは設置されていません。 JAL CLUB EST 普通カード 発行元/JALカード 国際ブランド/Visa、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレス 年会費(Visa、Mastercard、JCB)/2,160円(初年度無料)+JAL CLUB EST年会費5,400円 年会費(アメリカン・エキスプレス)/6,480円+JAL CLUB EST年会費5,400円 家族カード(Visa、Mastercard、JCB)/1,080円(初年度無料)+JAL CLUB EST年会費2,160円 家族カード(アメリカン・エキスプレス)/2,700円+JAL CLUB EST年会費2,160円 空港ラウンジ/国内13空港のサクララウンジ、国内4空港のラウンジ 申し込み基準/20歳以上30歳未満 2.ANAの国内空港ラウンジが使える「ANAカードプレミアム」 一方の「ANAカード」は、最上級のグレードである「ANAカードプレミアム」会員になると、ANAグループ便利用の際に、「ANA LOUNGE」を含む国内16空港のラウンジが利用可能になる。 無料のソフトドリンクと新聞・雑誌、有料のアルコールや軽食等が楽しめます。

Eチケットの場合は「eチケットお客様控え」をご提示ください。 サービス内容 対象会員 JCBザ・クラス、プラチナ、ゴールド ザ・プレミア、ゴールド会員など(家族会員の方も含みます)• コンセント電源もありますのでスマホの充電、パソコンの使用などもバッチリできます! 飲み物もコーヒーからソフトドリンクまで完備されており、飲み放題となっています。

8