首吊り 動画。 米人気YouTuberが公開した自殺遺体動画で責任を問われるべきは誰か

単純明快。

15

簡単にどこでも出来る• 自殺した遺体を撮影し、世界中の誰もが見られるYouTubeに、影響力があるYouTuberがアップする。 例えば、死刑のように踏み台から何メートルも下に落とさずとも、 例えばドアノブを使って正座した状態でロープを首に懸け、 そのまま倒れるというのでもうまくいく場合がある。

しかし、この謝罪も、多くの批判に見舞われた。

最近ではテラスハウスの「木村花」さんや、俳優で歌手の「三浦春馬」さんらが次々に自殺していましたが、ファンでなくとも自殺報道を見て後を追うように自殺する人も少なくありません。 ポールやYouTubeはそれだけで道義的な責任を問われるべきだ。

(続きます). 首吊りは理論上、意識は一瞬で途切れる。

3

動画は24時間後に削除され、関連するポールの収入は無効となったが、約630万人が視聴した。

気分を害するものですので閲覧する際は 自己責任でお願い致します。

14

だが、首吊りはそう稀な死に方ではない。 また他力本願さん自身のゲーム内ネームも「ヅダ」で登録されており自虐ネタとも言えますが実際には心病んでいたのでしょうか。 話題となっているのは9月10日未明、YouTube(ユーチューブ)でマキオンのゲーム配信をしていた他力本願さんが配信中に首吊り自殺を図ったというものです。

8

これに対しても、非難の声が上がっている。 しかしこれも死ぬ前に出しておけば良いことだ。 もっとも確実な自殺と言われている。

7