妊娠 初期 口内炎。 妊娠初期の妊婦に口内炎が多く発症する原因

妊娠初期は、つわりなどで体調も崩しやすくなり思うように生活できず睡眠不足になる場合も少なくありません。 添加物の可能性• つわりの時は食べられない時は無理をする必要がありませんが、歯磨きを怠ると口内の細菌が増殖して口内炎につながる可能性が高くなります。

水分不足のために粘膜が薄くなり、喉の内側を守るバリア機能が低下し、刺激や感染に弱くなっている状態と考えられます。 過剰摂取による危険性があるビタミンの種類には、葉酸、ビタミンA、マルチビタミンなどが挙げられます。 あまりにもひどい場合は 病院で『カロナール』などの頭痛薬を処方してもらいます。

13

女性ホルモンは増加しても減少しても身体に不調があらわれます。

4

パッチを貼る• 妊娠中は口内炎ができやすくなるようです。

また、妊娠後期には血液の量が増え、血液が薄まった状態になるため、鉄欠乏性貧血になりやすくなります。 むくみ 妊娠中は、ホルモンの変化や体内の血液量の増加などによりむくみやすくなります。 「うっ血」とは静脈に血液がたまって滞っている状態で、腫れて柔らかくなっている状態なので、少しの刺激で出血してしまいます。

1

特に、つわりのひどい妊娠初期には、歯磨きをしっかりと行えない場合があります。

5

お腹の赤ちゃんのことを考えたら、どんなに口内炎が激しい痛みでも、ステロイド剤は飲まずに、我慢しましょう。 妊娠中は、お腹の赤ちゃんのための大切な時期です。 皮膚や粘膜の再生・代謝を促すビタミンB群を多く含むサプリメントが効果的です。

1