名鉄 瀬戸 線。 瀬戸電・大津町

・愛知学院大学の車体広告(2014年版)が登場• これに先立つ同年には中央本線大曽根駅も開業しており、これにより、大曽根駅で中央本線へ、堀川でへとの連絡を実現し、瀬戸線は、名古屋や瀬戸の貨物輸送に大きな力を発揮するようになった。

10

2015.。 同駅は1977年まで特急も停車しており尾張旭市内では最も利用者が多く、現在も急行停車駅として多くの利用者で賑わっている。

10

・中日新聞の車体広告のデザイン変更• 2011. この都市計画決定を踏まえ、大曽根駅 - 間は、(昭和31年)、大曽根地区のの土地区画整理の進捗に合わせて、名古屋市が鉄道用地として先行取得していた土地を譲り受け、との両駅を廃止の上、全く新しく線路を敷設し直した(旧経路は、との区界などとしてその痕跡を見ることができる)。 ・陶のあかり路ヘッドマーク取り付け開始• ここから東大手駅を過ぎるまでの約1. 2011. ・4013F検査実施、運用復帰• ・喜多山駅周辺高架化工事 2020年1月1日現在の様子• むし暑さと長閑さを感じるよき時代の写真です。

15

2012. - 名古屋鉄道. ・6650系に「陶のまち瀬戸のお雛めぐり」イラスト板取り付け• 2016. 瀬戸電 26 大津町~土居下 1976 S51. 2020. 「高架化すると、電車が別の世界へ上がっちゃうわけだから、ちょっと寂しいよね」と山田さん。 ・喜多山駅周辺高架化工事 2018年3月7日現在の様子• (本町駅 - 大津町駅間) 1923年以降廃止• 翌(明治39年)には大曽根駅まで開業する。

14

:1,067 mm• 1916年(大正5年)8月16日 - 鉄道免許失効(1912年12月18日免許東春日井郡瀬戸町字刎田-同郡品野村大字品野 指定ノ期限内ニ工事施工認可申請ヲ為ササルタメ)軌道特許失効(1914年12月23日軌道特許 東春日井郡瀬戸町一ノ坪-同町字刎田間、同郡守山町-志段味村間、西春日井郡六郷村-愛知郡東山村間 指定ノ期限内ニ電気事業経営許可及工事施工認可ノ申請ヲ為ササルタメ)• ただし、当時はのが夜間の電力需要に対応するべく毎日午後6時以降の電力供給を停止していたので、(明治43年)に後に開業するの東側にあたる場所に(2008年、解体撤去)が設けられるまでは、蒸気動車も引き続き使われていた。 2016. これにより、両国道の渋滞の原因となっていた踏切が廃止された。 ・尾張旭市どうだん亭イラスト系統板掲出開始• ・6756Fさよなら運転レポート• 2019. 2016. ・中日新聞の車体広告のデザイン変更• ・せとでん開業108年記念イラスト系統板取り付け• この時点では・内縁(名古屋市内)を通る計画となっていたが、翌(大正9年)になると外縁のまたはと稲沢駅とを結ぶ案が有力となっていた。

12

お堀の中、線路の近くで撮りました。 2014. ・喜多山駅周辺高架化工事 2014年10月26日現在の様子• -1965年• ・3306F重要部検査実施• また運休や遅れによって乗り換え予定の列車に乗り遅れても、その補償はしないといったことが駅の時刻表に掲示されていた。

10