相 見積もり。 相見積もりとは何?取り方のマナーやルール·断り方も徹底解説

断りの連絡は必ずしましょう。 相見積もりはマナーも重要! 相見積もりを取る時は、マナーの順守が重要です。 競合にほぼほぼ仕事が決まっている状況であるのか、状況を読んだ見積作成が必要です。

また、詳細に条件を伝えることを心がけましょう。 上手な言い回しを覚えて、相手をたてて、上手に断る術を身につけましょう。 ブランド見積もりとは、すでに見積もりを取得している企業に対して、自社の社名を伏せ仕様等の要望のみを伝えることで追加の見積もりを取得することです。

4

マナーとして、他のサプライヤーへも見積もり依頼を出している旨は伝えておいた方がよいでしょう。

3

相見積りが失礼だとまでは申せませんが、メルはいやです。 そのため、各社の納品や作業の実績も重視しながら発注の判断をする必要があります。

3

相見積もりをしていることを伏せたまま話を進め、結果お断りするということになると、信用を失う結果にもなりかねません。

あいみつの目的 「あいみつ」の目的は、複数社から見積を取得して比較することにあります。

13