コーシー シュワルツ の 不等式。 コーシー・シュワルツの不等式 その2

どうしてこうなったか考えてごらん。

17

ぜひ一度試してみてほしいと思います。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

10

例えば、次の問題。

9

スパッと証明を掲載されています。 しかし、これとて等号成立の場合を、相加・相乗平均の関係から読みとって、変形しているわけで、やはり相加・相乗平均の恩恵に預かっているのです。

20

お求めのサイトや資料は見つかったでしょうか。 ここでは、入試に出題される「変数分離型」の微分方程式を主に解説しています。 一方、『恒等式』とは、つね『恒』にひとしい『等しい』式という名の通り、どんなxでも成り立つ式の関係のことを言います。

14

数列に対する不等式はによって1821年に、積分系での不等式はまずによって1859年に発見された後によって1888年に再発見された。 また、この不等式を 2次方程式の判別式で証明する方法もあります。

14

入試でよく出るというほどでもないですが、 不等式の証明問題や多変数関数の最大値・最小値を求める際に 威力を発揮する不等式です。 <よしお>比が等しければいいのでしたよね。

2