南海 トラフ 予言。 火山学者が戦慄する「すでに富士山は噴火スタンバイ」という現実(鎌田 浩毅)

しかしながら、黒潮大蛇行は現在の日本でも2017年に起こり2018年も継続中なため、気になる話題の1つと言えます。

12

画像は「 Getty Images」より引用 ジュセリーノ・ダ・ルースは、世界的に有名なブラジルの予言者である。 その予言が記されている部分が以下です。

16

それ以来、地下に大量のマグマを溜め続けたまま、不気味な沈黙を保っている。 だが、津波を引き起こす地震は、南海トラフ地震だけとは限らない。

4

約90~150年間隔で発生すると考えられていて、マグニチュード8以上の超巨大クラスの地震が襲うと言われている。 ) Almost more baffling than the illness itself will be the fact that it will suddenly vanish as quickly as it has arrived, attack again 10 years later, and then disappear completely. 昨年、ジュセリーノが「2018年6月21日に日本の東海地方でマグニチュード10. 四国地方が大きく被災したケースでは、死者は全国で22万6000人となり、全壊建物は236. 直近では、1944年に紀伊半島南東沖を震源とする東南海地震(M7. 南海トラフ地震の予言は大外れ~偽予言者たちに振り回される日本人 南海トラフ地震、自称95%の的中率のジュセリーノも見事にハズレ ジュセリーノさんは、2008年に発売された著書「続・未来からの警告」内にて、 2018年6月21日に南海トラフ地震が起こることを予言しておりました。 未来人や専門家はいつ南海トラフ地震が来ると言っている? 先ほど、紹介したジュセリーノ氏は 2018年6月21日に日本の東海でM10. この過去の事実をもとに、同じことがこれから起きたらどうなるかを予測するため、私は2007年に『富士山噴火 ハザードマップで読み解く「Xデー」』をブルーバックスから上梓した。

14

11」が状況を一変させた 富士山は日本一の高さを誇る美しい山だが、いつ噴火してもおかしくない活火山であることは、意外と知られていない。

描かれたイラストや説明文が予言を的中していると噂になった。 私が今回ここへきたのは別の問題だ。

13

または関東大震災級が来るかと思うと心配ですね。

2020年の夏季オリンピックの開催地が東京に決まった。 (C)Shutterstock マグニチュード8クラスの巨大地震が約100年から200年ごとに発生するという『南海トラフ地震』。 短期直前の地震予測をあきらめた地震学界に代わり異分野の権威が次の巨大地震を警告する。

11