アムロ と シャア。 アムロ・レイとシャア・アズナブルのその後。

これまたアムロの有名な名台詞の一つであり、古谷氏の感情を爆発させた演技がとにかく素晴らしいワンシーン。

宇宙世紀0078年、卒業と共に揮下の教導機動大隊に入隊。 後年の安彦のインタビューによれば、「赤毛の縮れ毛にして、のようなキャラクターにしよう」とアイデアを描いたとのこと。 作品のなかでは明確な死亡シーンは描かれておらず、結局行方不明という扱いに。

3

彼女を亡くしてから14年後に「ああ…私を導いてほしかった…」と回想しており、シャアの中でララァを失った悲しみは未だに癒えず、未練な気持ちを引きずっていた。 作中で少年から大人の男性に変わる最中、 アムロにも恋愛感情を向ける相手が出てきました。 革命はいつもインテリが始めるが、夢みたいな目標を持ってやるからいつも過激な事しかやらない」• 「純粋だと!?」 夢の中でララァの幻影に翻弄されるアムロ。

が勃発した宇宙世紀0093年3月4日、地球連邦軍本部があるのに向けの落下を目論むネオ・ジオンを阻止するためにリ・ガズィに搭乗して戦闘に参加。

18

そして、そのまま「シャア、覚悟!」ととどめを刺しにかかりますが、そこでララァがシャアを庇ってガンダムの攻撃をコックピットに直撃を受けてしまいます。 そしてザビ家の刺客に襲われ、それに追い打ちをかけるかのようにサイド3で母が死亡したことが、まだ少年であったシャアの精神を摩耗させ、疑心暗鬼の彼にザビ家と無関係な男を殺そうともさせた。

8

機種を問わず性能を限界以上に引き出す腕前はまさしく最強であり、歴代ガンダム主人公でも最高峰の技術を持ったパイロットであろう。 『THE ORIGIN』原作者のは、映画『逆襲のシャア』を克明に見ていないと前置きした上で、シャアが怪しいメッセンジャーになったと感じていた。

殴り合いの末にアムロはシャアに対して銃を向けるが、これが原因でクェスはシャアの元へと行ってしまうことに。 シャアは作中で地球連邦政府だけでなく、ネオ・ジオンの内部の人間にも自分の心情を知らせず、自分に好意を抱く者に嘘を吐くことも多かった。 プラネタリウム映像作品「グリーンダイバーズ」に、3号機パイロットとして登場。

18