浅間 神社。 御祈祷

正一位 (『駿河国神名帳』) - 表記は「浅間大明神」。 建武2年9月24日「足利尊氏寄進状」(『南北朝遺文 関東編 第1巻』289号文書)• 昭和52年6月11日指定。

19

(横浜市新羽町)• P546• 『』仁寿3年旧暦7月13日条「特加駿河國淺間大神從三位。 指定年月日は(富士宮市ホームページ)を参考にして記載(2013年7月10日閲覧)。

12

現地情報 [ ] 所在地• 明治以降 明治以降における摂末社の変遷。 新大宮口• 明治40年5月27日指定。

19

神階については『文徳実録』に仁寿3年(853)従三位を加うとあるのを初見として、その後順次階位を授けられ、永治元年(1141)には正一位を授与されています。 古くより朝廷・武家からの崇敬が深かったほか、社地はの起点に位置することもあり、古くから登山を行うからの崇敬も受けていた。

脚注 [ ] [] 注釈• 富士山の神水の湧く地が御神徳を宣揚するのに最もふさわしかった為ではないかと考えられます。 この浅間大社に寄進されていた土地は、一時国有化された時期がある。 また内院(噴火口)への散銭は、内院に鎮座するとされる神仏を拝する行為であった。

16

古くより浅間大社の宝物であったが乱の際に流出し、後にによって天文16年(1547年)2月2日に奉納された。

15

武家の崇敬 歴代武将の事跡も多数ありますが、中でも特に篤い崇敬を寄せたのは、源頼朝・北条義時・武田信玄勝頼親子・徳川家康でした。

10

P335• 特別天然記念物(国指定) [ ] (特別天然記念物)• 後はのに加列。 (可児市久々利入会柿下) 愛知県 [ ]• こちらが現在拝殿として使用されている「大正殿」。 (伊豆市牧之郷1152)• 3年()1月27日、正三位 (『』) - 表記は「浅間神」。

19