明智 光秀 子孫。 明智光秀の子孫を家系図でわかりやすく解説!現在の天皇は光秀の末裔

明智光秀が老母を人質として敵に出と言う話が江戸時代の軍記などで記載されていますが、事実だったかどうかは不明と言ったところです。 高山右近から聞いた、キリストの教の講義を、細川忠興は、ガラシャに話していました。 その中にはこんな由緒が書かれています。

16

笑顔の会見だったようで、なんとも微笑ましい話です。 また、玄琳の師である三英瑞省は、妙心寺の塔頭・大心院(だいしんいん)の住職でした。

19

」 などと言い出せば、石谷・斎藤氏も部下想いの明智光秀も「なめとんか・・」となりますわね。 しかし、 教会側は、彼女の身元が、分からなく困ります。 娘・細川ガラシャと歴代熊本藩主の家柄 明智光秀の愛娘の一人 細川ガラシャ。

2

そして、本能寺の変の真相を明らかにしたという『本能寺の変431年目の真実』を出版しました。

13

側室・原仙仁の娘 原仙仁の娘ですが、肥後・細川家 の嫁ぎ先 にゆかりある安国寺の「土岐系図」に掲載されています。 突然降って湧いたわけではないでしょう。

14

「非常に美しく優雅で、ヨーロッパの王族を思わせるようであった」 明智光秀や妻・煕子が手塩にかけて、育てた息子だったのでしょうか。 側室・喜多村保光の娘 明智光秀は側室を持たなかったとするのが一般的ですが、逆に側室は2人いたとする説もあります。 織田信勝が織田信長に制裁されると、津田信澄は信長を主君として、武功を挙げます。

8

次男のほうはよくわかりません。 この明智光秀の孫・織田昌澄が、その後も武士として家を守れたのは、明智光秀の子孫であると共に、織田信長の家系の血も受け継いでいた事が大きかったと考えられます。 結局、村重・村次親子は城を出て逃走。

9