お忙しい ところ 申し訳 ありません が。 「お忙しいところ恐れ入りますが」をビジネスメールで使う際の注意点と適切な用法【例文つき】

多忙な人に時間を割いてもらうときには、 「ご多用中申し訳ありませんが」 との言葉遣いが効果的です。

18

あの人は今は忙しそうだから「お忙しいところ~」を絶対に使うべき。

8

何をお願いしたいのかをはっきりさせる 「お忙しいところ恐れ入りますが」は、依頼の印象を和らげる効果を持っています。 ただし、暇そうにしている相手に対して頻繁に「お忙しいところ恐縮ですが」などと使っていると嫌みに聞こえてしまう可能性もあるので注意しましょう。 お忙しいとは存じますが、ぜひお越しくださいますようお願い申し上げます。

4

自分の都合に合わせるように指図することは望ましくありません。 ・「ご多用のところ恐れ入りますが、ご返信いただければ幸いです」 ・「ご多用のところ恐縮ですが、ご対応の程お願いいたします」 ・「ご多用のところ大変恐縮ではございますが、ご参加いただけますと幸いです」 恐縮・恐れ入るの意味は、 恐縮 「相手に迷惑をかけたり、相手の厚意を受けたりして申し訳なく思うこと。

15

ご多用中申し訳ありませんがすみません。 また、「お忙しいところ、お手数をお掛けしてしまいすみません」などと続くケースもあります。 「お忙しいところ恐れ入りますが」を用いると相手に対する感謝や申し訳なさを伝えられます 「お忙しいところ恐れ入りますが」使い方例文 「お忙しいところ恐れ入りますが」はビジネスシーンで相手にお願いするシーンなどでよく使われる言い回しなので、どう使えばいいのかをマスターしておくと便利です。

「 恐縮」や「が」、「申し訳ございませんが」などを入れると丁寧な表現。 丁寧なビジネスメールは「ご多忙のところ大変恐縮ですが」を使う これらのバリエーションの中から、メールの用件に合ったものを選んで使いましょう。

類義表現と組み合わせながら、シーンに合わせて使い分けていくといいでしょう。 さらに「お忙しい所申し訳ございませんが」と表現するとさらに丁寧な言い回しになるので、場面によって使い分けるといいです。 やわらかい表現でお願いするよう気をつける いくら「お忙しいところ恐れ入りますが」という言い回しを使っていても、直後に強めな指示表現や命令表現があると、失礼な印象を与えてしまいます。

19

「お忙しいところ」とは記述どおり、忙しいところ、ご多忙の中を意味する敬語表現です。 取引先や目上の人に対しては大した手間を取らせていないときでも「お手間を…」と添えたほうが、物事が円滑に進むでしょう。

11

「ご多忙」 まず「多忙」の意味は、 「事が多くて忙しいこと」です。

5